ROAD


2022.Jun. 26

去年に引き続きMt.富士ヒルクライムに参加してきました。今年で通算4回目の参加になります。富士ヒルと言えば梅雨の時期の開催ともあり毎年のように雨のレースになりますが、今年は前日は強い雨が降り少し心配でしたがレース当日の早朝こそは少しぱらつきはありましたが、久しぶりに雨に打たれない開催になりました。

4回目の参加になるので前日や当日の会場や、スタート前の空気感に初参加の時ほどの緊張はないです。ですが、スタート前の独特の空気感は富士ヒルだけではなく、今まで参加したヒルクライムレースのどれもそうですが、やっぱりワクワクしますし、この何とも言えない緊張感はとても好きです。

 

 

この富士ヒルでタイムを出そうと思ったら、やはり必要なのが登坂力、ヒルクライムの力だと思います。自分の体重に対して、どれだけのパワーを出し続けられるのか。いわゆるパワーウェイトレシオです。これを向上させる為に自分なりに考え練習をしてきました。

尾根幹やよみうりランドの坂を何本も往復したり、ヤビツ峠を登ったり、道志道や都民の森などの長めのヒルクライムなどもしてきました。そんな自分なりの練習をし挑んだ富士ヒルでしたが、なかなか結果が出せずにいました。くやしい思いが出てきてします。

当日は選抜組からスタートをしていき、自分の番が来るのを待ちます。この待っている時間も個人的には好きな時間でもあります。自分の番が来た時いよいよだなと言う気持ちが堪らないです。

会場からスタートし、スタートラインを越えてからは自分のペースで走りました。去年は料金所を過ぎた所からペースを上げ過ぎたなと感じていたので、そこの反省点をふまえて今年は少しセーブする感覚で走りました。今思えばここで気持ちが乗れていなかったのか、なかなかいいペースで走れていない感覚でいます。また、去年とは違い単独で走る事が殆どで、うまく集団で走れなかったところも今回の課題となりました。集団の中で走った方が空気抵抗を抑えられ走りやすいのは間違いないですが、ペースの合う集団が中々なく、後ろから追いついてくる集団は何組かいましたが付いていく事が出来ませんでした。

 

コースレイアウトとしては後半にいくにつれて勾配が落ち着いてくるので、後半からはペースを上げられるポイントでもあります。試走の段階で大沢駐車場からはアウターに入れられるなと感じていたので、ここからギアチェンジ。本番でも試走の感覚通り、アウターに入れ踏み込みここから挽回モードで平坦前の坂に突入。平坦前のこの坂(10%)が実はきつくて足を削ります。ここではインナーに落としましたそれでも周りの人達の頑張っている姿見ると、自然と自分も頑張ろうと思ってきるのがヒルクライムの楽しみ。登り終えた後は予定通り平坦は挽回モードへスイッチ。直ぐ様アウターに入れ直しペースを上げていきます。

そして最後の直線に入ります。ここは毎回本当に苦しいです。今まで20キロ以上登ってきて体力もほとんど残っていません。ですが毎年のゴール近くのスタッフの方の応援や他の人も頑張っていると自然と自分も頑張ろうと力が湧いています。レースのこの雰囲気が好きです。

結果こそは色々と課題のある物になりましたが、1年ぶりの富士ヒルはやっぱり楽しかったです。

5合目からは久しぶりに青空の見える天気も気持ちが良く、改めてヒルクライムが好きだなと思いました。

富士ヒルは数多くあるヒルクライムレースの中でも完走率が高く今年も99%と初めての方にもとてもオススメなレースです。ガチガチのレースは抵抗があるけどちょっとレースに興味があるなんて方、来年の富士ヒルに参加してみませんか。完走を目標にするのも、何分を切る、ブロンズリングを取るなど目標を決めて走るとまたモチベーションも上がり楽しくなります。

 

スタッフである私自身も来年に向けてこれからの1年間、自分がどこまで出来るのか、自分の限界に挑みたいと思っています。今年見えた課題をクリア出来る様にトレーニングの内容も改善し、改めて取り組んでいきます。

 

来年の富士ヒルに向けて取り組み始めた方、一緒に頑張りましょう。

 

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

上記に加え、7月6日(水)もお休みさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 


2022.Jun. 21

新型DURA-ACEの噂が発表になるころから決心し長くDURA-ACE待ちとなっていました「BIANCHI SPECIALISSIMA DISC」が完成しました。

 

以前のRIMブレーキ仕様のスペシャリッシマに試乗させていただける機会があり、乗り心地の良さに衝撃を受けDISCモデルになったらオーダーすると決意していました。DISCモデルになりフィーリングも変わってしまうのではないかと不安もありました。しかし、あの試乗の際の乗り味の良さを忘れる事が出来ませんでしたので、DISCモデルの発表を待ってスペシャリッシマDISCの購入となりました。

R9200系DURA-ACEで組ませていただいております。まだまだパーツの交換したい気持ちがウズウズしていますが12速となったDURA-ACE Di2のリアディレーラーやフロントディレーラーの前作よりも小さくなった感じがたまりません。もちろん動きもシャープ。

チェーンステイの形状も縦長から扁平されている感じもきれいな仕上がりで、個人的にはシートステイの立ち上がりの形状もたまりません。

 

■スペシャリッシマDISCの乗り味は!?

 

今回スペシャリッシマDISCを購入するにあたり、全てを新しいパーツで組みました。昨今の入荷時期の不確定要素をたっぷりと感じ、やっと組みあがった次第です。

 

第一印象は「乗り味がマイルド」。個人的には予想をはるかに超える上品な乗り味。タイヤの空気圧を4.3barで乗っているから感じるマイルド感も当然あると感じています。しかし、ただタイヤが柔らかいだけのマイルド感だけではない感覚。段差や舗装路のデコボコなんかも当然拾いますが、その角がしっかり取れて丸くなっている感じです。体に来る衝撃の収束も以前乗っていたバイクの半分くらいになった感覚でいます。もう少し伝わりやすく言うと、衝撃が入ると振動が腕や足に長い時間伝わっていた印象でしたが、その伝わる時間がスッと消えるて短くなっている感覚です。

 

これがCV(カウンターヴェイル)の恩恵だと感じられるくらい体感できています。

 

その振動収束の速さで、体に来る疲れも軽減されていると感じられます。前のバイクでは細かい衝撃も足や腕でカバーして乗っていたのでライド時間が長くなれば余計に疲れも貯まり、体の芯に響いていた感じでした。しかし、スペシャリッシマDISCに乗りかえてから、体に芯に響く感覚は全く無いので疲れを感じるのも遅くなっている様に感じます。乗れば乗るほどこの良さが体感しています。

 

私の感覚では5%くらいの斜度までは踏んだ分だら、スーッと進む感覚を感じています。8%や11%まで行ってしまえば脚力勝負となりますが、平坦からやや斜度が付いてきた時の進む感覚をライドの度に感じています。これには、フレームの性能もありますが、MAVIC SLR45も性能を発揮してくれている様にも感じます。実際に踏み出しの軽さも以前のバイクよりも感じています。もちろん剛性も感じます。専用設計から作られているパーツの組み合わせ(しかも自社企画・生産)をしているので、トータルてきなバランスの良さでうまくバイクに伝えてくれていると感じます。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG-3343.jpg

 

今回のバイクからクランク長を175mm→172.5mmへ変更致しました。今のところかえて良かったです。自分の体は柔らかい方ではありませんので、股関節も硬い方だと思います。2.5mmしか差がありませんが足の抜けが良くなり、回すのが楽になりました。しかし、力の入れどころが分からい感じで迷走しています。上手く回せていない様な感じで数字にも出ていますので、今後の改善ポイントとなっています。

 

サドルを「ROMIN EVO MIRRAサドルへ」

どうしてもお尻に痛みを感じていました。もちろん位置や角度もモヤモヤした感覚でした。しかしこの「痛み」と「違和感」からROMIN EVO MIRRAは解消してくれました。うわさ以上の良さと感じます。お尻にジャストフィットしています。更に良さを引き立たせるのであればAssos Mille GTO との相乗効果でお尻への痛みは忘れてライドに専念できると感じます。実際私も痛みを感じる事が無く走れています。また、座る位置も的確にわかる印象です。

 

 

まだまだ長くなってしまいそうなので、スペシャリッシマDISC気になる方はぜひGROVE青葉台店へ。

 

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

上記に加え、7月6日(水)もお休みさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2022.Jun. 13

様々なメーカーからホイールが発売されている中で、今人気の高いのがMAVICです。

チューブレス化をする方が多くなり、かつ普段のライドに乗り心地や軽さを求める方が多いのではないでしょうか。主流のタイヤサイズも今までは25Cを選択する方が多かったと思いますが、最近の人気は28Cになってきた印象を受けます。28Cにすると走りが重くなったりするのではないかと思う方も居るかと思いますが、そんな事は全くありません。

では25Cから28Cにすると何が良いのか。純粋にタイヤサイズが太くなることによって安定感が増します。そしてタイヤサイズが太くなった事により空気圧を落とせ、それによってクッション性が増し乗り心地が向上する。そんな28Cのタイヤ性能を存分に楽しみたい。

そんな方にオススメなのがこのCOSMIC SLR 32です。

ではなぜSLR 32がオススメなのか。リムハイトが32、45、65とある中でSLR 32がオススメの理由はリムの内幅が太いからです。SLR45、SLR65は19mmなのに対してSLR32は21mmと少し太いです。

幅が狭いリムに対して太めのタイヤをはめた場合タイヤの膨張率が大きく、タイヤの変形が綺麗に広がりにくい場合があります。それに対して広めのリム幅だとタイヤが変形することなくそのまま綺麗に膨らんでくれる為よれなどもなく、取り付ける事が出来る。これが乗り心地に直結してきます。今後28Cや30Cなど太めのタイヤを履いてみたい、なんて思う方はこのリム幅21mmのSLR 32をオススメします。

そしてもう一つオススメな理由はやはりホイールの重量です。SLR 32のリム外周は他のSLR45、SLR65 と比べると一番軽く、リムの重量が軽い事は、走りの軽さに大きく影響してきます。漕ぎ出しの軽さは勿論、平坦での巡航から登りでの走りと軽い事によるメリットは沢山あります。

普段のライドに乗り心地、軽さを求める方に是非この COSMIC SLR 32をインストールしてみては。

ハブに関してもインスタントドライブ360を採用。9度40ノッチの組み合わせこそMAVICのこだわりのポイントです。力の掛かりの良さを体感出来るホイールになっています。

タイヤサイズを28Cにし、チューブレス、そして空気圧を落とし乗って見ると今までの走りとは全く変わります。最近では空気圧も落とし気味で乗るのも流行ってきています。6bar、または5bar人によっては4.8barなど今までとは全く違います。チューブレスホイールに興味がある方今人気のMAVICはいかがですか。今まで以上の走りを体感できるMAVIC。気になる方は是非ご相談下さい。

 

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

上記に加え、6月15日(水)もお休みさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 


2022.Jun. 4

発売から人気の高いROUBAIX。ロードレースであるフランスからパリまでの260キロを走るパリ・ルーベ。このレースで勝つために作られたのがこのROUBAIXです。パリ・ルーベの特徴的なのが、路面の悪い石畳を走る事だと思います。この石畳の多いレースで勝つためにはどうすれば良いのか。

普通のバイクではこの石畳の上での走行が難しい、その為に開発されたのがFUTURE SHOCKです。ROUBIAXの一番の特徴でもあり、人気の秘密はここにあります。このFUTURE SHOCKとは何なのか。簡単に説明をするとサスペンションです。MTBに付いている凹凸に合わせ沈み込み、衝撃を吸収してくれる装備です。路面からの振動を吸収してくれるのでロングライドの後の疲れも少なく、ずっと楽しく走る事が出来るので、このシステムがROUBAIXのが人気な一番の理由ではないでしょうか。

そしてこのバイクが人気の理由はそれだけではありません。それはこれだけの乗り心地の良さを追求しているのにも関わらず、エアロ性能も兼ね備えている事です。それもTARMAC SL6よりも高い事が証明されているのだから驚きです。エアロバイクが主流であり人気の今エアロ性能が高いバイクが欲しいけど、乗り心地も良いのが欲しいなんて方に、まさにピッタリのバイクです。

大きめのシートポストのカバーもシートポストのしなりに対応してくれるように大きくなりクリアランスも十分に確保した設計になっています。

またタイヤの太さに関しても最近では少しずつ28Cのタイヤサイズをチョイスする方が多くなってきた印象があります。太いタイヤの方が安定感あり、乗り心地に関しても空気圧を落とせ、乗り味が柔らかくなるので選ぶ方が増え的なのではなしでしょうか。

そんな28Cが流行りつつある今ですが、このROUBAIXのタイヤクリアランスは33mmとかなり広く作られています。標準ではなんと32Cのタイヤを履いています。乗り心地の良さにさらなる磨きをかけたパッケージになりました。

エアロ性能、乗り心地、タイヤクリアランスとこれ以上にない1台になっていると思います。今後ホイールをチューブレス対応のカーボンホイールにカスタマイズなんてしたら、より最高の1台へと生まれ変わる、今後のカスタマイズを楽しめる車体でもあります。

 

カーボンフレームにカーボンホイールなんて最高の組み合わせです。

 

ROUBAIX Size 49 ¥308.000(税込)

 

人気が非常に高いROUBIAXが気になる方は是非店頭でご覧ください。


2022.May. 31

とても人気の車体が入荷して来ました。これからロードバイクを始めたいなんて方に自信を持ってオススメ出来るモデル。それがCAAD Optimo 1です。キャノンデールの人気の車体である完売必須モデル。

そんな大人気なOPtimoのご紹介です。

このバイクのオススメなポイントとして、コンポーネントが全て105グレードを装備していることではないでしょうか。他のメーカーや他のモデルでは変速機関係は105でもブレーキは他ブランドを使っているケースやクランクだけは他のメーカーとミックスをさせ組まれているケースが多いです。

しかしこのOPtimo 1ではブレーキ、シフトレバー、変速機、クランクと全てのパーツが105を装備しています。エントリーグレードと言われる、スムーズな変速性能、ブレーキング、11速による対応力など平坦からヒルクライムと、あらゆるシーンで楽しく、楽に走る事が出来るパーツ構成になっています。

 

またフレームの素材はアルミになっています。アルミの品質がとても高いキャノンデール。アルミでありながらもアルミとは思えない程の軽さ、乗り心地の柔らかさなどがあります。そしてフロントフォークはカーボン。最近ではフォークのみカーボンという仕様が多くありますが、このOPtimoもしっかりとその仕様になっている。品質の高いアルミフレームにカーボンフォ―ク、最初の1台としては最高のバイクに仕上がっています。

そしてカラーリングもキャノンデールならではのとても綺麗な色をしています。Alpine、鮮やかなとても綺麗なブルーは太陽の光が当たるとまた一段とその青さを際立たせてくれる。もう一色がCandy Red、深みのある赤色がカッコよく、白色のロゴがまたバイクの印象を決めている。どちらもカッコイイカラーリングです。海沿いで写真を撮るのも、山で写真を撮るのも、どちらでもバイクの印象を強く思い出を残す事が出来ますね

ロードバイクに興味を持って始めてみたいなんて方、このCAAD OPtimoから始めてみませんか。

今までの自転車では味わう事の出来ない、楽しさ、面白さが詰まっていますよ。

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

上記に加え、6月1日(水)もお休みさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 

 


2022.May. 25

3年ぶりの開催となり、個人的にもワクワク待ち遠しイベントでした。コロナも落ち着きやっと開催していただけました。

さてさて、GROVE青葉台店からは全員160kmを走るコースでエントリー。これまでに店舗イベントや個人のライドで調整を重ね、160kmを走れる様に準備を整えてきました。

 

イベント当日は前日からの雨が思ったよりも長く続き、出走の準備をしている中も小雨はやまない状況で皆さん少し不安が出ていたご様子です。(前回参加した時も同じような天気だった様な・・・)

レースに出走する訳でもないのですがドキドキする瞬間です。大自然を満喫して走れますように。スタートは小雨が降る中のスタートとなりました。道路にもまだ水たまりがある状態でした。

 

少し走って体もあったまってくる頃には、日差しが出てきて、景色を楽しめるコースに入ったころには快晴までは行きませんが、普段見れない景色の中のライドが始まっていきました。

 

雲が無ければ、アルプス山系に残る雪を真正面に見ながら絶景ライドの予定でしたが、やや雲がありました。ここの絶景は来年まで持ち越しですが、空気も澄んで気持ちが良いライドです。

アルプスあずみのセンチュリーライドの絶景を見ながらのライドともう1つの楽しみは地の物も各エイドで食べられる事。

 

中でも人気なのがこちらのおにぎり。走って疲れが出てきたころに漬物と白米おにぎり、そしてトッピングにネギみそ。走ってきて食べられないと思いきや、意外と手にするとスッと食べたくなる物。特にこのネギみそがおにぎりに合う事。美味しかったです。

途中のエイドでは、パン・スープ・麦そば・団子・ピザ・リンゴジュース・冷奴・おやきなど美味しく物が目白押しで大満足です。

3年ぶりのAACRで150kmの楽しいライドとなりました。普段では感じられないスケールの大きさが印象的でした。見えてくる山の大きさや川の水の色などここへ来ないと感じられない感覚が、AACRの魅力の一つです。

 

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。ぜひ来年もご一緒にAACR走りましょう。

 

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

上記に加え、6月1日(水)もお休みさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 


2022.May. 20

ご納車からライドを重ねて頂き、新しいバイク慣れてきたタイミングでとご要望とセンチュリーライドを控えているという事で、先日フィッティングをさせて頂きました。

 

フィッティングとは

 

科学的根拠に基づきポジション調整を行い、身体にバイクをフィットさせるメソッドです。
ライダー1人ひとりの骨格、筋力、柔軟性の特徴を考慮し、故障の可能性最小限に抑え、誰でもより速く、より遠くに、より快適に走ることを手に入れることを可能にします。
また、フィッティング時の体の特徴に合わせるので、過去、未来ではなく、今のあなたに最適なポジションが得られます。
より高いパフォーマンスをライダーに提供するため、GROVE青葉台ではスぺシャライズドのBODY GEOMETRY FIT(ボディージオメトリーフィット)を実施しております。

 

先日のフィッテングの様子

こちらは膝の位置を確認し、正しい位置で踏み込みが行えているのか確認をしている状況になります。サドルの前後位置、ペダリング時の膝の動きを見ています。膝の痛みの原因にもつながりますので繰り返し調整をしていきます。

 

楽しいライドに出かけるとついつい無理をしがちになります。いつもより追い込んでみたり、ペースを上げてみたりしていると自分が思った以上に筋肉に負担をかけています。疲労が抜けなくなってきます。特に足の痛みはペダリングが出来なくなってしまう事もありますので、下半身ケアは大切です。当店では、GRID FORM ROLLERをおすすめ。トリガーポイントにダイレクトに刺激を入れることが出来、血流を良くし疲れを軽減してくれます。ライド前にも有効なのでおすすめです。

 

フォローフィット

フィットから3か月以内に再フィットが無料で1回行えます。フィット後、快適性、持続性またパワーなどフィーリング変化を実際のライドにてテストして下さい。
ローラー台上よりも実走の方が出力が高くなるためです。ポジションの変化による違和感などあれば修正致します。フォローフィットの際もご予約が必要となります。
お気軽にご相談下さい。

 

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(5月5日は営業致します)

上記に加え、6月1日(水)もお休みさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2022.May. 14

前回初めてのアップグレードにおすすめのアルミホイールとして「KSYRIUM」シリーズをご紹介しました。

 

ご紹介した内容はSとSL共通のテクノロジーや搭載されたパーツになります。これだけでもすごいホイールだと思ってしまいますが上位グレードであるKSYRIUM SLには、さらに軽量性やエアロ化を果たしたアルミホイールとなっているのでSとの違いを含めてご紹介します。

 

ISM 4D ライトリムテクノロジー(Ksyrium SL)

 

マビックが独自に開発し特許を取得したこのテクノロジーは、スポークを付ける個所には強度を持たせるために厚みがあり、それ以外の箇所は剛性を保たせながら表面を滑らかに削ることで重量と慣性を大幅に低減されるようになっています。

 

通常のリムでしたらニップルが当たる面は、テンションがかかる為に分厚く作るのが決まりの様なもの。しかし、ISM4Dテクノロジーで写真の様に薄く作れる特徴があります。

 

そして、このネジ山はドリルで穴を作るわけではなく、リムを溶かして作られてタップをたてて綺麗なネジ山をつくり、必要ではないパーツをなくしてホイール外周を軽くできている効果もあります。

 

MAVICのリムの軽さがここにもありました!

 

さらに、ただ溶かして作っているわけではなく、角度を計算した上でこのネジ山は作られているのです。その角度とは、ハブからスポークが出ている角度になりますので、すべで計算しつくされている完璧な完組ホイールと言う感じ。

 

進み出しはよりスピーディに、そして優れたハンドル操作性を提供してくれるテクノロジーです。マヴィックの精密な切削によって内周がSLの特徴である流線型になっているので車体に取り付けた時のワンポイントにもなるのもいいですね。

 

特許取得の楕円形状エアロスポーク(Ksyrium SL)

Sは扁平したフラットスポークが採用されていますが、SLではマヴィックが特許を取得している楕円形状エアロスポークが採用されています。特別なブランドで作られています。

 

このスポークは、カーボンモデルのCOSMIC SLR45やCOSMIC SLR32と言ったモデルと同じスポークを採用しています。

 

スポークの接続部は円形のストレートスポークで、主要部分を楕円形にする事で、踏んだ時のレスポンス性能を高めながらも軽量性にも貢献しています。楕円形状といっても両端は鋭利で薄く風を切る形状をしていることで5ワットのエネルギーを節約できるマヴィック独自のエアロスポークとなっています。

 

これらのテクノロジーやパーツの違いによりSとSLのグレードが分かれています。重量はSグレードが1570g・SLグレードは1480gと90gの違いになります。たったの90gと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、SLグレードにはそれ以上に数字だけでは見えない走った時の加速性やエアロ性はSグレードには無い感動を与えてくれる魅力的なホイールとなっています。

 

■KSYRIUM SL(リムブレーキ)

¥104,500-(税込)

重量:1480g(ペア)・645g(フロント)・835g(リア)

 

■KSYRIUM SL DISC

¥104,500-(税込)

重量:1575g(ペア)・723g(フロント)・852g(リア)

現在当店ではディスクブレーキ・リムブレーキ仕様のKSYRIUM SLがございます。マヴィックの最新技術が詰め込まれた最高峰のアルミホイールを是非店頭でご覧ください。

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日

上記に加え、5月18日(水)もお休みさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2022.May. 2

もはや言わずと知れた世界を制した、オールラウンドバイク TARMAC SL7。

平坦での巡航の維持のしやすさ、加速感、登りでの登坂力、そしてバイクの重量、軽さ、乗り心地、全てにおいて優れ、非常にバランスの取れた車体であるTARMAC SL7が入荷してきております。

発売から人気も高く、週末のライドは勿論、レース会場などでもやはり多く見かけるモデルなので、戦闘能力はおりがみつき。グレード問わず人気があり、在庫がない状況がずっと続いてはいましたが、今回入荷してきた車体はモデルが S-WORKS TARMAC SL7 etap AXS です。そんなバイクのカラーはサテンカーボン/スペクトラフレアティント/グロスブラッシュドクロームラメの入った落ち着きにあるグレーのフレームにヘアラインのシルバーロゴがはいった、引き寄せられる力を持つカラーリング。

コンポーネントはSRAMの最高グレードであるRed eatp AXS。無線12速変速である電動変速は一度触ってしまうとそのスイッチ感で変速する感覚とスムーズさにほれ込んでしまいます。shimanoとはまた違うスムーズな完全無線であるetap AXSを体感したいそんなあなたに非常にオススメなモデルです。またクランク、ブレーキャリパー、シフトレバーと言ったパーツ類がシルバーになっているので、フレームの色とも合い全体的なカッコよさを際立たせています。

気になる完成車重量は6.79kg(ペダル・バーテープレス)と軽さも際立つモデル。

そしてホイールはRoval Rapide CLX、リムハイト フロント51mm、リア60mmとディープホイールでありながら1400gと超軽量。乗り心地もとても良いホール。スピードが乗った後の加速感や速度維持のしやすさは最高に気持ちが良いです。そんなホイールに装着されているのタイヤはTurbo Cotton、700×26C。

走り方によっては、ホイールを交換して走るとまた違ったTARMACが楽しめるので、ALPINIST CLXもおすすめです。

抜群の転がり抵抗の少ないタイヤは走っているととても気持ちのいい走りをしてくれ、それでいてグリップ力も優れているので安定した走りも出来るまさに万能のタイヤと言っていいです。アメサイドにもなっているので、グレーのフレームに差し色として入りバイク全体としての品を高めてくれるそんなバイクに仕上がっています。

ハンドルはRoval Rapide Handlebar。AEROFLYが改良され、より握りやすく、そして軽く、カーボン素材による振動吸収性の高さ、全てのパーツが乗り心地、速さ、軽さとハイレベルでバランスの取れた最高級バイクでありながら、反応の良さ・かかりの良さも味わえる最高の逸品です。

新カラーという事もあり、人目を惹く、S-WORKSロゴはやはり最高にカッコイイです。全てにおいて最高のパーツが付いているS-WORKS TARMAC SL7 etap AXSモデル、是非店頭でそのバイクをご覧下さい。

店頭在庫のサイズは54となります。ご身長170cm~175cmの方にお勧めのサイズになります。

SPECIALIZED S-WORKS TARMAC SL7 ETAP Size 54 ¥1.529.000(税込)

新型コロナウィルス感染症防止対策について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

GW中は、4日(水)・5日(木)は営業致します。

6日(金)はお休みとなります。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2022.May. 1

ロードバイク用ホイールの在庫状況を下記よりご確認頂けます。

随時更新しておりますが、実際の販売タイミングと時差が御座いますので改めご了承ください。

掲載されていないホイールでもご用意ができる場合も御座いますので是非お問合せ下さい。

メールでのお問合せはinfo@groveaobadai.comまで

【 MAVIC 】

■COSMIC SLR 45 DISC JAPAN限定モデル ¥297,000(税込) 大きなMAVICロゴをあしらった150セット限定の貴重なホイール 巡行スピードを上げたい方におすすめ。

クリンチャー/チューブレスレディ SHIMANOフリー 重量:F/R 1440g リムハイト:45mm リム内径:19mm ディスクブレーキ専用 カーボンリムモデル

■COSMIC SLR 45 DISC ¥275,000(税込) 今では激レアな織りカーボンと最新テクノロジーが心をくすぐられる逸品 巡行スピードを上げたいかたにお勧めのホイールです。

クリンチャー/チューブレスレディ SHIMANOフリー 重量:F/R 1470g リムハイト:45mm リム内径:19mm ディスクブレーキ専用 カーボンリム

■COSMIC SLR 32 DISC ¥297,000(税込) UDカーボンへとマイナーチェンジを果たし、登りから高速域でも劣ることのないオールラウンドなホイール

クリンチャー/チューブレスレディ SHIMANOフリー 重量:F/R 1390g リムハイト:32mm リム内径:21mm ディスクブレーキ専用 カーボンリム

■COSMIC SL 32 DISC ¥198,000(税込) 織りカーボンによる高級感と28c タイヤに最適化されたリム幅の現行に劣らないホイール

クリンチャー/チューブレスレディ SHIMANOフリー 重量:F/R 1499g リムハイト:32mm リム内径:21mm ディスクブレーキ専用 カーボンリム

■KSYRIUM SL DISC ¥110,000(税込)SOLD OUT MAVICの最新技術を詰め込んだ軽量で強靭なオールラウンドディスクアルミホイール

クリンチャー/チューブレスレディ SHIMANOフリー 重量:F/R 1575g リムハイト:22mm リム内径:19mm ディスクブレーキ専用

■KSYRIUM SL RIM BRAKE SOLDOUT ディスクブレーキが増えた今だからこそ、お持ちのリムブレーキ車体をこの最新ホイールでアップグレードをいかがでしょうか。

クリンチャー/チューブレスレディ SHIMANOフリー 重量:F/R 1480g リムハイト:22mm リム内径:19mm リムブレーキ専用モデルでこの重量は魅力的です。軽量化したい方にどうぞ。

 

■KSYRIUM S RIM BRAKE ¥82,500(税込)初めてのアップグレードにはこの商品がおすすめですと断言を出来るコストパフォーマンスに優れた逸品

クリンチャー/チューブレスレディ SHIMANOフリー 重量:F/R 1570g リムハイト:22mm リム内径:19mm リムブレーキ専用

 

 

皆様のお問合せ及びご来店お待ちしております。

 

マウンテンバイク用ホイールの在庫情報は下記バナーよりご確認下さい。

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

   GW中は、4.5日は営業しております。

   6日(金)お休みとなります。

 

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com