ROAD


2019.Aug. 23

ついに2020年キャノンデールの試乗会の日程が決まりました!

STAFFのインプレだけでなく、やはり自分で乗って試したい!そんな方にいち早く試乗をしていただけるように日程を組ませて頂きました。

しかも消費税増税前に!!このチャンスは見逃せない!

SystenSixはディスクブレーキ、ハイトの高いホイール、キャノンデールらしいジオメトリーが組み合わさりパフォーマンスを最大限に引き出す。空力抵抗を劇的に低減。素晴らしいハンドリング。最高のパフォーマンスをもたらすバイク。より簡単に早く走れる! 試乗車はサイズ51。

burst

試乗車ではありませんが「SystemSix Carbon Ultegra Di2」TeamReplicaカラーは当店に入荷予定。大注目の1台¥680.000(税抜)

もっとも話題に上がっている「SuperSix Evo」これこそがロードバイク。軽量で滑らかで超高速ロードレーサーが満足する進化を成し遂げました。今までのEVOとは別の乗り物へ進化しています。最高スペックで試乗ができます!Supersix Evo Hi-Mod Disc Duraace Di2の試乗サイズは51

隠れた話題の「Supsesix Evo Carbon Disc ULTEGRA」上位車種とはHi-Modカーボンを使用しているかいないかの差。NEW EVOの驚くほどの良さを感じるならばぜひこのクラスを。試乗サイズは54。

当店ではこちらのカラーを店頭で在庫しています。¥390.000(税抜)    アルテグラのコンポーネントが搭載され、ホイールには27mmハイトのカーボンホイールが装着されています。カーボンホイールが装着されてこの価格。このグレードはおすすめで長く楽しめる1台。

こちらも注目の「CAAD13 Disc Force eTap AXS」試乗サイズは48。アルミのエキスパートだからなしえた作り。地球上でもっともスムーズでベストなハンドリング性能を持つ洗練されたアルミレースバイク。

実はこのアルミフレーム、シナプスカーボンHi-MODよりもフレームの反応がいいアルミフレーム。路面からの凹凸の吸収も早い。それでいて、スムーズな乗り心地。もちろん空力も考えられカーボン?と錯覚してしまうほど。

当店では同じフレームで作っている「CAAD13 DISC 105」を在庫しています。これからホイールを交換して走りを楽しんでいきたい方にもお勧めの完成車。上位車種と同じフレームなのだからフレームのポテンシャルはかなり持っています。¥210.000(税抜)

そして、こちらも人気の「TOPSTONE CARBON Force eTap AXS」試乗サイズはXS。グラベル系バイクの進化版。オンロードでの快適性を犠牲にすることなくどんなオフロードもこなせる。長い距離を楽に走るのならやはりこのTOPSTONE CARBONに尽きる!!

試乗車をご利用頂くのに身分証が必要となりますのでお忘れない様にご注意ください。ご試乗頂けるのは以下のモデル・サイズとなっております。

・SystemSix Hi-Mod DuraAce Di2 BBQ Size 51

・SuperSix Hi-Mod Disc DuraAce Di2 BLK Size 51

・SuperSix Carbon Disc Ultegra GDF Size 54

・CAAD13 Disc Force eTap AXS CHP Size 48

・Topstone Crb Force eTap ARD Size XS

9月14日・15日・16日も皆様のご来店お待ちしております。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2019.Aug. 20

Urban Legend

そんな名前が相応しいバイクが当店に入荷致しました。

 

その名も「BADBOY」

                   

最高のアーバンスタイルに最新のトレンドを交えたトップパフォーマンスバイク。

つや消しBLACKのカラーで存在感を出している「BADBOY」他のアバーンスタイルバイクとは一味違うスタイル。

それは、フロントフォーク。

キャノンデールにしかない「LEFTY」片側だけのフロントフォーク。アルミへのこだわりの強いブランドだからこそなし得たフォーク。

さらに、上位2車種にはフロントフォークにライトが搭載され、シートポストにもリアライトが搭載されている。まさに、街中を走る為に備えられているありがたい装備。

 

街中を走るのなら、スタイリッシュでかっこよくないと。

 BADBOY1には、そのカッコよさに加えさらに他のバイクとの差があります。

それはここ。自転車であれば通常はチェーンを使い力を伝達。しかし「BADBOY1」にはチェーンがありません。チェーンの変わりにベルトドライブ仕様になっています。

このベルトドライブはアメリカの「Gates社」の物を採用。車に詳しい方なら知っているはず、ベンツ・BMW・アウディ・ボルボとその他欧州車に多く採用されているタイミングベルトの会社の物を採用。

そんなベルトドライブは、高強度ウレタンとカーボンで作られ使い続けても通常のチェーンの様に伸びることがありません。さらに、「油をささないと!」なんていう手間からも解放されます。そう、潤滑油要らずでメンテフリーです。

そして、内装のギア8段変速で街中の坂道も十分に対応できるギアまで備えているのもうれしい。ブレーキはもちろん油圧DISC。

細かい箇所ですが、ヘッド部のベアリングもカートリッジベアリングを採用しているところもポイントが高い。

BADBOY1 ¥190.000(税抜)

そして次は「BADBOY2」

通常の外装ギア(2x9)で細かく重さが変えられる。重さがもちろん変わるのですが、自分の漕ぎたい重さのギアが探せるとお伝えしたほうがわかりやすいかも知れません。

ブレーキワイヤーやシフトワイヤーはフレームの下側からフレーム内へ入りスッキリとした仕上がりになっています。その為、全体の写真をみても仕上がりの綺麗さが際立ちます。

BADBOY2 ¥99.000(税抜)

さらにもう1車種「BADBOY3」

このモデルから油圧DISCブレーキ仕様になりました。エントリーモデルのブレーキになりますが最適な制動力を備えていて、通勤の時の急な雨や長い下り坂での使用もこの油圧DISCブレーキなら安心してブレーキが行えるので、走りにも余裕がでます。やはり油圧DISCは必須アイテムです。

フロントフォークにはライトは付きませんが、キャノンデールの代名詞「LEFTY」フロントフォークは存在感を際立たせています。エントリーモデルでも採用しているのがうれしいですよね。

こちらも通常の外装ギアで(2x8)の16段変速ありますのでこちらも安心して漕ぎたい重さが見つかります。

BADBOY3 ¥81.000(税抜)

「BADBOY」で走りだそう!

当店では、店頭でBADBOYをご用意しております。サイズや仕様で分からないことがありましたらSTAFFまで。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

GROVE青葉台


2019.Aug. 17

ロングライド向けに作られた、本物のエンデュランスマシン。

こんな方にお勧めのバイク

ロードバイクは前傾がきつい・・・・そんな先入観ありませんか。

今回ご紹介するシナプスは前傾はしていいますが、通常のロードバイクと比べるとややアップライトなポジショニングが特徴。その為、快適を重視して作られたモデルなのでハンドルまでの距離やフレームの大きさがレーシング系のバイクとは異なります。自然とハンドルに手がスッと届く感じ。

快適性を重視しているのでフレームとフォークさらに、シートポストにまでにマイクロサスペンション機能を搭載し、路面からの凹凸を吸収しライダーに不快な感じを少なくさせています。決して「やわらかい」を感じるフレームではなく踏んだ時のにはしっかり反応もいいフレーム。

それがこの部分。まずはチェーンステー。よく見ると扁平されているのが確認できると思います。この特徴は、ペダルを踏んだ際の横への力は扁平になっている横部分の横の出ている部分で受け止め柔らかくしなる事が無く、ペダルを踏んだ際に推進力へ変わっています。

しかし、扁平の上の部分では下からの衝撃で上下へ動きやすくしていて衝撃を逃がす効果がある為、ダイレクトにライダーへ伝わらず、乗り心地の良いバイクを実現する事が出来ています。

無理せずに快適に走りたい。体に無理のない様に楽しみたい。マイペースで走らせてくれるそんな事をかなえてくれるシナプスです。長い距離を乗れる様になって来たときには体にかかる負担が軽減される。そして次の日も乗りたくなる。そんな素晴らしいローテンションを生み出してくれるバイクでもあります。

さらにお勧めなのが油圧DISCブレーキが搭載されている事。しっかり効くのは当たりまえですが、スピードのコントロールもきっちり行えます。下り坂はもちろん、信号で止まる時もブレーキレバーを引いてから車体が静止するまでの距離も短いので安心してブレーキングも行えます。やはり、小さい力でもしっかりブレーキングできるのは、長い距離を乗ってきたときにも体感できますよ。

¥340.000(税抜)→GROVE青葉台SPECIAL PRICE!+さらに特典あり!!


2019.Aug. 6

GROVE青葉台店でも取り扱いを開始したイタリアの老舗ブランド「Bianchi」

今回のツールでも総合7位・個人総合3位・ステージ優勝も4回と、とても印象に残る大会となりました。

気になっている方も多いBianchiの試乗をすることが出来ましたのでSTAFFのインプレを参考にしていただければと思います。

まず個人的にも気になっていた「OltreXR4」

今回のツールでも選手たちはこの「OltreXR4」で大活躍。その健闘を称え、2019 Tour De Franceのベストバイクにも輝いていましたね。

凄くいい!と評判を聞いていましたので自分の中でも半信半疑でこの試乗会に参加していました。

率直な感想は「評判通り凄くいい!」です。バリバリのエアロロードの外見でいくと反応が良く、コントロー性も抜群のイメージでしたが、実際も反応が良く、コントロール性特に高速域でもしっかりと安定して走る感じを受けました。そして、振動の吸収性が抜群。道の凹凸・マンホールの段差などもすごくマイルドに通過してくれる感じを受けました。フレーム剛性はもちろんありますが、硬さを感じることなく走る感じ。これは他社になかった乗り味に感じます。

あの長いツールのレースでTT以外のステージで使用していた「OltreXR4」なんかそこに最大の特徴が隠されている様に感じます。

ビアンキには「COUNTERVAIL」というカーボン素材をフレームに入れて振動を抑える効果を引き出している。その「カウンターヴェイル」のおかげで試乗の際もマイルドに感じられました。もう少し違う感覚でお伝えすると、普段自分が乗っているバイクよりも振動の収束がとても早く終わる様に感じました。

その為、疲労感が体に残らない。まさに疲労感が残らないところにユンボの選手たちは引かれている様に感じる。

カウンターヴェイルはフレーム全体に入っているのでフレーム全体で振動の吸収を抑える効果が発揮されている。マテリアルサイエンス社との共同開発して生まれたカンターヴェイルはBianchiだけに使用を許された特別な素材で他のメーカーでは採用する事の出来ない素材です。

ガンガン振動が来る感じは一切なく、グングンスピードに乗っていく感じ。それに合わせて踏んでいくとさらに伸びていく感じを受けました。

カウンターヴェイルの動画をどうぞ。

そして、エアロロードがもう1車種、それが「OltreXR3」

名前だけ聞いたら「OltreXR4」の下位モデルでカーボン素材のグレードを落としているイメージですが、同じカーボンを使っているモデルでミドルクラスのモデルとなる。

写真ではわかりにくいですがXR4とXR3ではフレームの形状も違い、ジオメトリーも違うバイク。

そしてフォークも異なります。XR4はエアロ性能に優れたフォルムのフォークを搭載していましたが、XR3はストレートフォークで扁平になっている事でコントロール性がすごくシャープな乗り味を感じました。

XR4と比べるとハンドル位置も高いのであまり前傾を取らずにポジションをキープされる方にはこちらがおすすめ。ジオメトリーの違いからポジションの違いは感じました。そして重量差もありましたが動きの重さにまでは感じることはなく走りを感じることが出来ました。

エアロロードの醍醐味を感じ、疲れを残さずに走っていきたい方には「OltreXR4」

エアロロードには乗りたいけどレーシングまでは考えていない方には「OltreXR3」

そして、ビアンキのオーダーはGROVE青葉台店へ!!


2019.Aug. 2

ようやく梅雨も明けて暑い夏がやってまいりました!

7月中はずっと不安定な天気でしたね。雨の合間、少し雨が止んだ時間だけ自転車にまたがり走りに行った人もいらっしゃると思います。

そんな日は路面が濡れててバイクもドライブトレインもだいぶ汚れたのではないでしょうか。

今回はチェーンの汚れについて説明したいと思います。

 

ながいあいだクリーニングしていないチェーンは真っ黒になっていると思います。

こんな感じに。上がクリーニングしたチェーン、下がクリーニングを行なっていないチェーン。どちらもシマノの11s用です。

私たちがチェーンはたまにクリーニングしてあげてください。ということがあると思います。このクリーニングは単にパーツクリーナーを布に吹きつけて拭いてあげてくださいといった意味ではありません。

というのも

 

チェーンを分解してみると・・・

こんなにも汚れています。表面はもちろん、チェーンの内部まで砂や、砂、埃が吸着して固まってしまった油などなど・・・いろいろ詰まってます。

クリーニングはこの中の汚れを綺麗にしてあげることが、最も重要です。

専用のクリーナーを使用して落とすとこんなにも綺麗になります。

パーツクリーナーだけではなかなか落ちにくい手強い汚れです。

チェーン内部に砂利などがつまった状態で長期間運用をすると通常よりチェーンの寿命は短くなります。それにくわえて、細かいところですがクランクを回した時のパワーロスも知らずしらずと増えていきます。クリーニングをし注油をした後のペダリングの軽さは感動モノですよ!

よく「チェーンが伸びる」といいますが、実際には汚れや使用に伴う劣化によって内部の構成パーツが削れて間延びしてしまうことを指します。使用に伴う劣化は仕方ないですが、汚れによって少しずつ削れていってしまうのはクリーニングと注油によってある程度防止することができます!

当店ではご自宅で水入らずでもできるクリーナー類をご用意しております。

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2019.Jul. 30

今年もツールドフランスが終わりました・・・終わってしまいました。

最後まで全く予想のできないレースは寝不足になってでも見る価値がありましたが、ようやく寝不足から解放されます。明日から仕事終わりに何を楽しみに生きていけばいいかわからず完全にツールロスとなってます・・・が、とりあえず次のブエルタ・ア・エスパーニャまでローラーしながら見直そうと思います♪(´ε` )

マイヨジョーヌ100周年の記念すべき大会、今年もいろんなドラマがありました。

絶対王者Team INEOS率いるフルームが不在の中多くのチームにチャンスがあり、その中でもフランス勢の活躍が多く見ることができ例年に比べると非常に盛り上がりを見せた大会だったと感じました。

フランス革命記念日にSpecializedのTarmacを愛用するフランス人、アラフィリップがマイヨジョーヌ100周年に着るというサプライズであったり、超級山岳でのフランス勢ワンツーフィニッシュに胸をうたれた方も多いのではないでしょうか?

今年はとうとう最終局面のアルプス3連戦で決着がつきました。

新型DOGMA F12に乗るINEOSがベルナルをエースに掲げライバルチームへ攻撃を仕掛けました。ここまでマイヨジョーヌを守ってきたアラフィリップからタイムを奪い、ついにマイヨジョーヌを獲得して見事総合優勝に輝きましたSKY時代からの強さはスポンサーが変わっても全く変わりませんね・・・

スプリント争いで毎年格の違いを見でつけているサガンはVENGEを駆り今年で7度目のマイヨヴェールを見事に獲得しツールで自身12度目のステージ優勝もあげました。その安定した強さと勝負勘の強さには驚きを隠せません。サガンは多くのファンを前にゴールパフォーマンスを見せる余裕ぶりも見せてくれましたね!

残念ながらTTの落車によってリタイアしてしまった、期待の若手で現シクロクロス世界チャンピオンファンアルートも平坦ステージも山岳ステージも”登れる”エアロロードBianchi OLTRE XR4に乗りステージ勝利を見事に勝ち取りレースをより一層盛り上げてくれました。少しでも早く怪我から復帰してくれることを願います・・・

先日発表され今最も話題のSUPER SIX EVOを使用するEFエデュケーションは残念ながらステージ勝利を挙げることができませんでしたが主に山岳ステージでは積極的に先頭集団で展開に絡みレースをより一層面白いものにしてくれたと思います。まだまだシーズンは続くのでこれからに期待です!

burst

選手たちが使用したモデルは当店でもご購入していただくことができます!

 

・選手が主に使用した当店取り扱いバイク・

Specialized S-works TarmacSL6 Disc ¥1150000~

(アラフィリップがメインに使用したバイク)

 

Specialized S-works Venge ¥1250000~

(サガンがメインに使用したバイク)

 

Pinarello Dogma F12 ¥1300000~

(総合優勝者エガン・ベルナルがメインに使用したバイク)

 

Bianchi Oltre XR4 ¥1580000~

(JUMBO VISMAが使用したバイク)

 

Cannondale SuperSix EVO Hi-mod ¥1050000~

(EF・エデュケーションが使用したバイク)

スペシャルな価格ですが、トップ選手と同じ仕様の機材が使えるのは非常に価値あることだと思います!ぜひご検討ください!

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2019.Jul. 26

今回オーバーホルをご依頼いただいた車体はSpecialized AMIRA SPORT。

納車して1年以上経過し、2019年に入ってすでに4000km近く乗っており、かなりアクティブにロードバイクに乗っていらっしゃる方です。

今回が初オーバーホールとのこと。お持ちいただいた時点でヘッドにかなり違和感を感じたので早速バラしてチェック。

ベアリングの受け自体は傷みがないものの、ベアリングはごりごりとした感触。

交換をさせていただくことになったので、ベアリングを分解して開けてみると・・・錆が出ていました。

こうなってしまうと快適なハンドリングはできなくなってしまいます。上下のベアリング共に同じような状態。試しにグリスを入れてみましたが、ゴリゴリ感は取れませんでした。ここは大切な部分なので新しいパーツを入れさせていただきました。

 

フレームからブレーキ、変速機類を取り外し、クリーニングをします。

変速機類に汚れが多く付着すると動きが悪くなります。何より駆動抵抗が大きくなるので、しらずしらずと無駄な力を使うことになってしまいます。

 

フルオーバーホールでは同時にホイールのメンテナンスもさせていただいております。今回はフルクラムのレーシングゼロ。非常に回転性能に優れる人気のホイールです。

こちらもベアリング類、ラチェットがかなり汚れていたのでクリーニング、グリスアップを行いました。

ベアリングもセラミック用グリスでグリスアップを行いゴリゴリ感も改善され、滑らかな回転が復活しました。

 

全てのパーツ類のクリーニングが完了し、痛んだパーツを交換し組み付けを行って作業終了となります。

後日イベントライドにお越しいただき、「ハンドル操作が劇的に軽くなりました!」とのお声をいただき、作業させていただいた甲斐がありました!

日頃のメンテナンスではどうしても手の届きにくい部分まで行わさせていただいております。フルオーバーホールには通常2週間程度のお日にちをいただいておりますのでぜひご相談ください。

オーバーホール各種の料金表となります。

 

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2019.Jul. 23

GROVE青葉台店にBIANCHIの2020年新しいモデル「SPRINT DISC」が入荷してきました。

すでに次回入荷が未定となってしまっている「SPRINT DISC」発売早々に人気度合いも伺えるモデル。新しく開発されたSPRINTフレームはレーシングでも使える設計を採用していながらも高い汎用性を持っているので、どの様なジャンルで使う事が可能なので、オールラウンドに扱えるバイクとなっている。

オールラウンドに扱えるという証には、Discブレーキ仕様はタイヤは32Cまで装着可能なクリアランスをフレームに確保しているので、タイヤサイズで乗り味を変えることも可能になっている。

現在のフレームのスタンダードでもあるエアロ効果もフロントに採用し、セミエアロフレームとして存在感を感じさせてくれるフレームに仕上がっています。

気になる重量は、ペダルレスで付属のボトルとケージが付いて「9.08kg」(Size50)とこれからパーツを変えて軽量化していく楽しみを感じられる1台になっています。


2019.Jul. 22

早速乗ってきました。話題のNew Super Six EVO Disc。

前作から大きくその姿を変え、エアロを取り入れた形状となりましたね。

乗った瞬間感じたのは氷の上を滑っているような乗り心地。今回履いていたタイヤはVittoria CORSA 25Cでした。タイヤの恩恵も大きいでしょうが、それ以上にフレーム全体が振動を消してる感触が非常にGood。この乗り心地に虜になりそうです。

そしてフロントのギアがインナーに入っているかと思うほどの漕ぎ出しの軽さです。それでいてぐんぐん進む。新設計のエアロが非常に効いていて特にハンドル付近は信じられないほど抵抗を感じません。

トルクをかけてダンシングをしても嫌な硬さはなく程よいバネ感を良く感じました。フロント周りが軽いのでテンポよくペダリングができます。前作からの軽快なペダリングは健在ですね!

 

あいにくの雨天でスリッピーな路面でもがきを入れてみても車体が暴れることは全くなく地面としっかり食いついてくれて笑みがこぼれるほど伸び。ドロップシートステーにしたことでリアの剛性が上がり空力も大幅に向上しているためだと思います。このドロップシートステーは正面からバイクをみたときにフロントフォークに隠れるように設計されています。剛性向上も狙ったと思いますが、メインは空力の向上を狙っています。ちなみに今回のシートステーを含めたリア三角は大げさな表現をするのであればサスペンション効果も狙ってます。シートステーが振動を拾うとシートチューブへ、ステー自体がわずかに押し込むように作用してシートチューブが前面へしなるように設計されています。ダンシングやもがいた際のトラクションの良さはこの設計の恩恵でしょう。

また下りセクションでは、もともと癖の少ないEVOでしたが足回りがスルーアクスルによってがっしりしたため雨天の下りやコーナーでもスッとハンドルが切れ、狙ったラインにバイクをすすませることができます。構造上、ハンドルをきれる角度が55度までと制限があるものの、ライディングには全く影響はありませんでした。

全く新しくなって登場したSuoper SIX EVOは空力、加速、安定感全てが相乗効果で作用して抜群な完成度を誇っていました。

あたらしくなったSUPER SIX EVOの詳しいテクノロジーは以下の記事からご覧いただけます↓

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2019.Jul. 16

Cannondale=アルミフレームという大きな印象を与えた「CAAD12」でしたがさらに進化を遂げた「CAAD13」がこの2020年からデビューとなります。

4年前の鮮烈なデビューをしたCAAD12がアルミバイクの業界基準をさらに引き上げ他ブランドの追従を許しませんでした。CAD13はその高い基準をさらに上回る特別な1台として誕生です。

CAAD 13 Disc Force eTap AXS ¥590.000(税抜)

大人気のコンポーネントを搭載したCAD13。インターナルルーティングを採用しワイヤー類の出る箇所も最小限に抑えられているモデル。KNOTCarbonホイールの45mmハイトを標準で装備。

CAAD13 ULTEGRA ¥240.000(税抜)

Rimブレーキバージョンのモデル。アルテグラコンポーネントを標準で搭載し2色の展開に。ブレーキのシステムもさらに良くなり、ダイレクトブレーキシステムを採用しブレーキング時のタッチも向上。

CAAD13 Disc 105 ¥210.000(税抜)

フレームの上質感が伺えるカラーの105DISCモデル。Thruaxle仕様でブレーキ周りの剛性感も完璧。160mmDiscローターでブレーキもリムブレーキと比べると安心してブレーキングが行えますので、初心者の方にもお勧めのモデル。

CAAD13 105 ¥180.000(税抜)

CAAD13フレームの105を搭載したこちらのモデル。パーツの交換で自分好みのバイクに仕上げていく楽しみも感じられる。こちらのモデルもブレーキはダイレクトブレーキシステムを採用し、さらにしっかりとブレーキングできる様になっています。

CAAD13 ULTEGRA Size 51 が店頭にございます。ご来店お待ちしております。