MTB


2020.Jul. 14

過酷なトレイルライドのために生まれたバイク。

長く低めに構えたジオメトリーは、フロントエンドを地面にしっかりと押さえつけ、

トレイルのあらゆるきっかけを使ってアクションを決められます。

29インチホイールは、岩や木の根をあっさりと乗り越え、どんな路面でも推進力を保ちます。

スタンプジャンパーに於いて何故 EVO Comp なのか。29インチだから!?

それは…

このモデルのみ、他のスタンプジャンパーが 65.5° のヘッドアングルに対して

63.5° とダウンヒルバイク並みに寝かしたことで、

抜群の下り性能を持ち合わせたエンデューロよりのバイクだからです。

ENDURO ですら 64.3° のヘッドアングル…

その他、当店お勧めのエンデューロ・バイク KONA の PROCESS は 66° と

その味付けの違いは明確に体感できます。

EVO は、より激しく軽快に走るための “究極のトレイルバイク” なのです。

斬新なサイドアームデザインは、より軽くハンドリング性に優れたバイクを実現。

リアエンドとリアショックを3点でフレームと直接接続することで、

路面から力を受けた際の剛性とパフォーマンスが向上しました。

何より皆さん、前後 FOX サスペンションであることが見逃せないでしょう。

ブレーキも CODE でこの価格は、申し分がありませんね。

「普通」のトレイルバイクではなく、激しいトレイルライドのため設計。

ヘッドアングルを寝かせ、トップチューブを伸ばしたEVO モデルは、ハンドリングに安定感があり、

フロントエンドは地面をしっかり捉えて高いトラクションを発揮するため、

思わずカッティーやあらゆるきっかけを使ってジャンプしたくなるはずです。

パノラマやふじてんで遊んでいるのが想像できます。

しかも、29インチホイールで抜群の安定感を感じて頂けます。ドロップオフでも送り出して着地させてもしっかりバイクに体が残っているし、加速もギュンギュンして楽しめます。

細かいジオメトリーは、以下チャートにて。

 SPECIALIZED STUMPJUMPER EVO COMP ALLOY 29″

定価 370,000円(税抜) → GROVE青葉台SPECIALプライス!+ ポイントも進呈!

カラーは、SATIN / TI PAB / BLACK という

シャンパンゴールドとローフィニッシュを合わせた様な

渋く落ち着いたアルミ地を生かした薄い塗装です。

在庫サイズは、S3 (M相当) となっております。

※なお、当店にて自転車をご購入頂いたお客様に、末永くサイクルライフを楽しんで頂ける様に

“ 5つの特典 ” が付随した PREMIUM MEMBER’S CARD を発行させて頂きます。

詳細は コチラをご確認下さい。

スタンプジャンパーは、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

スタンプジャンパーで一緒に富士見やふじてんに走りに行きましょう!!

是非 皆さまもご検討下さい!

ご来店をお待ちしております。

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Jul. 6

フレームやパーツ類で大人気のブランド「クロマグ」より新しいプロダクツが入荷してきました!

個人的にも待っていたこのニーガードの「RIFT」!新たに使用されたRHEON社のパッドを採用したモデル。このRHEON社は今まではヘルメットやグリップに採用していたブランドは多かったですが、ガードに採用したのは初めて。

コンタクトスポーツのアメリカンフットボールではプロテクターを採用していたりします。

そんなRHEON社のパッドを採用したRIFTですが、パッド自体の厚さは感じるも安心感のある厚みで装着した際は動きにくさや硬さも全く感じないタイプとなっています。重量も軽い感じも受けます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: RIFT3.jpg

クロマグは自分たちが必要だと感じた製品は自分たちで作るポリシーを持ったブランドなので、まさにこのニーガードも必要性を感じて製品化されたもの。

また、クロマグの品質の良さも感じ取る事ができます。外見上のしっかり作っている感じから、履いた時の装着感はまさにクロマグクオリティーです。

 

また、開口上部の内側はシリコンバンドでしっかり固定出来る様になっているので激しいライドにも対応してくれる状態です。また、開口上部の内側はシリコンバンドでしっかり固定出来る様になっているので激しいライドにも対応してくれる状態です。

 

また、洗濯機で洗っていただけるモデルにもなっていますので、汚れが気になる方にもうれしいモデルとなっています。

こちらのモデルは、本国でも人気がありすでに完売となってしまっている様です。日本国内には少量のみ入荷している状況となっておりますのでお早めに!!

 

身長180cm 体重70kgのスタッフではMサイズがベストサイズとなっています。

CHROMAG   RIFT ¥14.200(税抜)

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Jun. 28

これからMTBを楽しく遊んでいきたいと考えている方が選らぶ選択として、29インチホイールか27.5インチホイールなのかの選択があるかと思います。

今回は29インチがおすすめというご案内をProcess 134をベースにお話をさせて頂きたいと思います。

 

少し前まではホイールの大きさだけが目立ち、その良さがなかなか伝わってきていませんでした。実際に私も大きいイメージが先行していたのでなかなか購入に踏み切れなませんでした。

しかし、PROCESSが26インチの時からフレームの設計(ジオメトリー)が変わりました。ヘッドアングルは66°のまま変更はなく、ハンドルまでの距離がやや長くなり、短めのステムを使い、ハンドルは広めの設定となりました。驚きは、後ろの長さ(チェーンステイ)が26インチから29インチの変更になっているのに「2mm」しか変わっていないところ。

 

ホイールが3インチ分の大きくなっているのに、後ろの長さは2mmだけ長くなっただけなので、後ろの取り回しは26インチの時となんら変わらない感じで乗り回せるフレーム設計になっています。29インチでありながら26インチの感覚で乗れます。

 

しかしながら、26インチの時と同じ姿勢ではどうもうまくバイクに荷重がかけられていない感じがします。それは、ハンドルまでの距離が影響しているからです。26インチはややハンドルにかぶさって乗車していたのが、29インチになるとやや後ろに荷重をかけて走る感じです。中心に乗るという事はかわりません。や現代のジオメトリー(設計)に合わせて乗車姿勢も変更していかないとうまく乗れて来ません。

 

このProcess134はフロント140mmリア134mmのストロークを持っています。以前はトレイル向けのサスペンションの動く量のイメージが強かったこのレンジですが、ホイールを29インチを履いている事で「ふじてん」や「富士見パノラマ」でも十分に楽しめる1台になっています。

29インチホイールの持つ特性である走破感。今までは木の根や岩がある事で失速していた感じでしたが29インチホイールを履く事で失速感が全く無く乗り越えらりクリアーする事ができます。

その走破感がありながらフロントのストローク140mmなので、26インチバイクの160mmストローク感くらいの感覚でありながら、失速感なく、加速していく走りが味わえるバイクになっています。そして跨いでわかる「安定感」も感じさせてくれます。

走ってしまったら、全く気にならない29インチホイールの大きさです。むしろ、進んでくれるので、楽しさを倍増です。

 

Process153をコンパクトにした感じのリンク回り。ここでは、しっかり捩じれに対する剛性を上げライダーが感じる動きの鈍さを軽減させカチッとした剛性を感じさせてくれる作りをしています。リンク部には大型のベアリングを入れ動きの良さと剛性をキープし、コの字型にリンクさせる事で捩じれ等でのフレームの弱さを無くして反応を良くしています。

また、タイヤはフロント2.5インチに対しリア2.3インチを標準で装備。

しっかりグリップさせる為にフロントには2.5を、リアには転がりの良さを考え2.3を履かせています。ここでも、車輪が大きい29インチの漕ぎだしの重さを軽減させるためのサイズが異なるタイヤを履いています。

私も29インチに乗る前は26インチのMTBで楽しんでいました。しかし、29インチに乗ると今までとは全く違う別世界の感覚でMTBを楽しむ事が出来ています。それは、全てが変わって全く26インチとは違います。さらにMTBが楽しくなる29インチホイールで楽しみましょう。

KONA PROCESS134 29 ¥27.5000(税抜)

どこにでも楽しめる「Process134 29」は真のオールラウンドバイクです。

迷っている方がいたら、29インチはおすすめです。

今までの数倍楽しいMTBが待っています。

KONA PROCESS134 29は弊社通販サイト「BIKE ON-LINE」でもご購入していただけます。皆様のご注文お待ちしております

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝日の際は営業致します)

ご理解の程宜しくお願い致します。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Jun. 12

2019年モデルでメーカー30thとなる「KONA」。MTBの聖地カナダウィスラーでは知らない人はいない位の人気ブランド。

そんな人気ブランドの最上位グレード「Process 153 CR / DL 27.5」がおすすめ。

PROCESSはエンデューロバイクのゴールデンスタンダードで、長きにわたりENDUROバイクの最先端に立ち続けている人気バイク。伝統的な設計の常識を覆し進化してきました。

下るためのバイクでありながらその本質が現れるのは、あらゆる地形を走り倒したとき。登りを恐れず、下りでは最高の乗り心地を実現してくれます。ロングトラベルでアグレッシブなエンデューロバイクです。

 

 

フロントフォークにはRockShox Lyrik RC2 を搭載し、160mmストロークを実現。しかも、長い下りでの安定した減衰力を発揮できるダンパーをいれ、ライダーへの不安定感を解消しています。さらに、ラピッドリカバリーテクノロジーとの相乗効果で細かいギャップに対する感度も向上していますので、路面への追従性もアップし乗りやすくなっています。

 

 

そしてこの上位車種にはKのマークの入ったカバーの裏には重量なパーツが備えられています。

 

フレームとギアを繋げているパーツ。これが結構重要なパーツです。転倒したときにギアと路面や岩等に接触したときに必ずこのパーツが曲がります。曲がる様に作られているのです。このパーツが曲がってしまうと、変速もうまくいかなくなりますし、大惨事につながってしまいます。そんな大切なパーツが付属でここへ付いています。個人的にも1つ予備を持っています。こんな収納があると便利。

 

フロントフォークのストロークが160mmに対し、リアは153mmとなっています。私も多くのバイクを乗ってきましたが、やはりこのストローク量が一番色々なシチュエーションで使えると感じます。トレイルライドにも、やや縦の動きが多いコースでも、パノラマやふじてん・岩岳でも。フルサスペンションの楽しさを教えてくれます。

 

ピボット(可動する部分)もしっかり作られています。ネジで繋げ合わせているだけではなく、横剛性もしっかり耐えられる様に、コの字型にして挟み込みずれない様になっています。その為、このバイクの後ろ部分(リアバック)は剛性感がありますし、リアがよれる感じも受けません。走っていても、リアがしっかり踏ん張っている感じもあるし、ついてきてる感じも受けます。

 

カーボンフレームで作られたフレームは軽くて高強度。そんな事を実証してくれるこのプロセスのフレーム。カーボンフレームという事を全く忘れてしまうくらいの剛性感です。

 

これからの楽しいMTBシーズンに抜群のPROSESS153はいかがでしょうか。きっとあなたの弱点も克服してくれます。

 

¥678.000 →  ¥474.600(税抜)現金特価  30%OFF!!

 

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。車体だけではない、パーツやグッツまで揃っています。

 

 

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝日の際は営業致します)

ご理解の程宜しくお願い致します。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 

 


2020.May. 29

TURBOシリーズ第3段とも言えるフィットネス、サイクリング向けE-BIKE。

重量も軽く見た目もすっきり、一般的なクロスバイクとほぼ変わらないシルエット。より一層、日常生活に溶け込みやすいデザインと機能を持ち合わせています。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 93920-51_VADO-SL-40-NRBLK-BLK_HERO.jpeg

ベースグレードであるVADO4.0SLを試乗させていただきましたのでそのインプレッションを当店、各スタッフよりお送りしたいと思います!

・スタッフ池田インプレッション

大変気になっていたクロスバイクタイプの電動アシスト自転車「VADO」。電動アシスト自転車としてどこまでスポーツブランドの電動アシスト自転車が違うのか興味がありました。

まず私が受けた印象は音がしない事でした。当然、電動アシストなので音は気になるだろうと思っていましたが、そのガシガシ感の音は全く気にならない事に驚きました。さすがにフルパワーにした際は音は感じますがそれでも静かでした。電動アシスト自転車に乗っている事を忘れさせてくれました。

次にアシストがとてもスムーズでした。一般的なアシスト自転車はペダルを踏み込むとアシストが効いて一瞬体が遅れて付いていく印象がありますが、この電動アシスト自転車はそのアシストもスムーズなので、体が遅れる事は全く感じませんでした。また、ケイデンス(ペダルの回転数)を60~90くらいの時にスムーズなアシストが自然と効いて、自分のパワーがアップしたのかと錯覚を覚える程でした。もちろん24kmでアシストはなくなりますが、その時も突然OFFになるというよりは、自然とアシストが無くなっている感じです。

まさに、自分の足で漕いでいると思わせてくれる電動アシスト自転車と感じました。

まさにスポーツ自転車ブランドが作った電動アシスト自転車だと感じます。自社で開発したモーターユニットで自社で作ったフレームに取り付けしています。自分たちで作った物だからこそこの完成度で仕上がっていると感じます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20200129_1358291.jpg

・スタッフ佐藤

 

何よりも驚いたのがすっきりしたシルエットに驚きました。

クロスバイクのE-BIKEといえばダウンチューブに大きなバッテリーを搭載したインパクトのあるものが多いですが、VADOは知らない人が見たら言われないとわからないほどスマートな見た目。実際に接客させていただいたお客様で驚かれる方も多かったですね。

実際に乗ってみてですが本当に滑らかな加速です。

いわゆるアシストバイクのようなグイッとくる加速感はありませんが自然な加速、ケイデンスに合わせて加速してくれるので不自然さをほとんど感じませんでした。ロードバイクをメインに普段から乗っているので個人的にはグイッとくる加速よりも”スポーツバイク”により近いこちらの加速感の方が好みです。またアシストを切って走ってみましたが重量が15.5kgとアシストバイクの中では最軽量なのでお店の裏にある坂を登ってもあまり苦にはなりませんでした。

またライトも前後ともに標準装備で常時点灯してくれるので薄暗い時間になってもつけ忘れがないので安心ですね。通勤通学中意外とつけ忘れてしまうようライト、これなら安心です!

余談ですが電源をONにするときのディスプレイの演出も男心くすぐるメカになってますよ!

 

・スタッフ小口

 

一般車では何度も乗っていました電動アシスト自転車ですががVADOの様なスポーツタイプは初めて。まず気になったのがパワーを3段階で選べるので、自分の気持ちによって調整が出来るのがありがたいシステムと感じました。平坦や登り、坂の勾配などによってアシストのパワーを選択して状況に応じた選択を楽しむ事が出来ると感じます。

 

また、ごく一般的な電動アシスト自転車では、踏んだ瞬間いきなり進む感じはなく、自分の足で回して初めてアシストを感じる事が出来るアシストになっているのでスポーツ自転車のアシストバイクだと強く思わせてくれました。アシストのパワーを選べる点により自分の脚力に合わせてアシストを調整できるので、より強くアシストの効果を受けたいなら最大のアシストで坂道も楽しいライドにかわります。

 

例えばアシストを受けつつも自分の力も必要とする感じで乗りたいなら2段階目、自分の力を試したいのであればアシストOffで坂道に挑戦なんて事も楽しい遊びになります。

 

ギアの段数も10速あるので勾配に合わせてギアを選択出来るので、そこはスポーツ車にある特徴が出ています。全てのギアをフルに使うというよりは、使いたいギアの選択が広がっているイメージでしょうか。10段もあれば漕ぎたい重さが見つけられると感じます。

 

また、パワーONの状態でライドをすると、前後のライトもスイッチONとなり昼夜問わず、ライトが点灯するところも安全性に配慮した工夫がされていると感じます。

 

GROVE青葉台店のスタッフインプレはいかがでしたでしょうか。当店では、電動アシスト自転車「VADO SL 4.0」の試乗車をご用意しています。次はあなたがVADO SL 4.0を試乗して体感してみる番です。

 

皆様のご来店お待ちしております。

 

 

 

~定休日変更のお知らせ〜

4月より定休日は毎週木曜日のみとなっています。(祝日の場合は前日の水曜日が振替定休日)

これにより水曜日もご利用いただけるようになりました。

今後もより一層お客様の利便性にお応えできるよう努めて参ります。

引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼19:00(4月10日より短縮営業)

定休日 : 木曜日(祝日の際は営業致します)

ご理解の程宜しくお願い致します。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.May. 16

例年であれば、何も気にしないで富士見やふじてんへ遊びに行ってましたが、まだまだコロナの影響で自粛となっています。しかし、コロナを気にせずに走りに行けるようになったらすぐに走りに行きたいですね。

 

そんなライドの準備はお済ですか?

 

TroyLeeDesignsから今期の人気アイテム「Stage」ですが、実はSTAGEガード以外にも販売があります。

 

STAGEにも使用されていますが、ガードに使われている衝撃吸収材はこの「D30」がおすすめです。当店でおすすめするプロテクターには「D3O」というパットが入っています。D3Oってなんでしょうか。

 

それは、簡単に言ってしまうと衝撃吸収材。しかし、ただの柔らかい素材とは違います。衝撃が加わっていない状態の時や弱い衝撃の時は、固まろうとする分子は非常に柔軟に動き動きやすさもあります。しかし強い衝撃を受けると一転して分子が結束し衝撃を吸収し固くなり衝撃を分散させるというとても優れた素材です。

衝撃が和らいでいくと分子が解放され元の柔らかい素材に戻っていきます。

 

私も実際にD3Oが入っているプロテクターを使用していますが、以前のハードカップ素材(強化プラスチック)等のガードよりもけた違いに体の動きもスムーズなのがとても気に入っています。ペダリング時や肘の曲げ伸ばし、体を捻る時など全てにおいて動きがスムーズです。

 

 

着ている時、つけている時も自然な感じです。プロテクターの上からジャージを着ても昔の様な「ゴツイ」感じにならず、ほんと自然です。それでいてしっかりガードしてくれる優れもの。

 

そんなD3Oが入っているプロテクターはこちら!

 

当店人気NO.1ブランドTroyLeeDesigns「RAPID KNEE GUARDS」

 

膝だけではなく、その両サイドもしっかりガードしてくれるモデル。膝の横結構当てる事ありますよね。これを付ければバッチリガードしてくれます。重量は片側214gなので、プロテクター自体もやや厚みがありますのでがっちりガードしてほしい方向きのモデル。フェアクロウやセメナック、ジンクもこのモデルを使用しています。¥15.000(税抜)

 

 

そしてこちらが「RAPID ELBOW GUAR」。膝用と同様にしっかりタイプのD3Oが入っているプロテクター(肘用)。こちらは腕全体で履く感じになりますので良くある「ずれる」という事は非常に少ないモデル。ずれてしまっていたらプロテクターの意味がありません。¥11.800(税抜)

 

 

私も愛用している「SPEED KNEE SLEEVE GUARD」。4mm厚のD3Oを使用したモデル。片側116gと軽量でこれならトレイルでも装備しておきたいですね。そして持ち運びにも便利でコンパクト。¥7.400(税抜)

 

 

こちらが軽量な「SPEED ELBOW SLEEVE GUARD」4mm厚のD3Oを使用したトレイルライドにも十分に発揮してくれるモデル。メッシュパネルを使用して蒸れを無くし、通気性もあります。夏でも暑すぎる感じは全く受けません。¥6.500(税抜)

 

皆様のご来店をお待ちしております!

 

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。

 

~定休日変更のお知らせ〜

4月より定休日は毎週木曜日のみとなっています。(祝日の場合は前日の水曜日が振替定休日)

これにより水曜日もご利用いただけるようになりました。

今後もより一層お客様の利便性にお応えできるよう努めて参ります。

引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼19:00(4月10日より短縮営業)

定休日 : 木曜日(祝日の際は営業致します)

ご理解の程宜しくお願い致します。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.May. 9

 

マウンテンバイク用のフルフェイスヘルメットでカーボン製と言えば、トロイ・リーの D3 が有名かと思います。

この D3 は「DAYTONA 3」の略称で、元は「D2」、

更には「DAYTONA」(D1)と言うカーボン製のモデルがありました。

D2はまだ自宅にあったりします。

 

このモデルには原典があり、それは「EDGE」というモデルでした。

ハーフキャップ型にフェイスガードを取り付ける方式のヘルメットでした。
トロイ・リーはバイザー製作で一躍名をあげていますので、一連の流れでの製品です。

 

「DAYTONA」は 100,000円程する高価な物でしたが、その後 D2 が発売されます。

最初はカーボンモデルのみで、価格は税抜き 75,000円と値段がり、人気を呼びました。

そして更に、コンポジットモデルの発売。

これはカーボンでは無く、ファイバーグラス製で価格は 60,000円程度になりました。

時代は移り変わり、コンポジットモデルが 45,000円程での発売になると、爆発的にヒットとなります。

 

モデルチェンジを経て D3 となる頃には、

機材の進化によりレースの速度域が上がり安全性が求められるようになります。

Mips により脳への衝撃を緩和、

快適性を求めたベンチレーション、空力を求めたデザイン形状へと進化してきました。

 

D3 にファイバーライト製のラインナップが加わり、30,000円を切った現在は

誰でもトロイ・リーを選べる良い時代へと…

 

そして 2020年に満を持してリリースされる「D4」は、軽量かつ更なる安全性を両立したモデルとなります。

ハーフヘルメット「A1」から「A2」へと進化した際に、2層構造にモールドされたライナーとなり、

様々な速度でクラッシュしても頭をしっかりと保護する性能の向上が図られました。

カーボン製による 1,000gという軽量性と、

A2 で進化した2層構造のライナーと Mips により進化を遂げています。

 

Troy Lee Designs D4 Carbon helmet

63,500円(税抜)

 

Brandon Semenuck 曰く

“ The NEW D4, I won’t wear any other helmet ” だそうですから、

皆さまも是非手に取ってみて下さい。

 

 

 

D4CarbonとD4Compositeの重量差は50g。共にMIPSを採用していますが重量以外にもどこに違いがるのか!?

CARBONはただ普通のCARBONを使って作っているのではなく、「TEXTREAME」というメーカーで作ったCARBONを使用しています。

この写真を見てわかる様に、CARBON繊維を束にしてその束を互いに90°で交差させCARBONを使っています。DURAACEのホイールやPROのホイールにもにも採用されています。

 

このカーボンの編み方でシートを作り採用する事で、薄くて軽く高剛性のヘルメットが完成されています。TextreamCarbonの特徴はこちら。

 

 

一般的なカーボンは、原糸をカーボンシートに加工する際に接着剤としてエポキシ(接着剤)を多く使用します。しかし、このTextreamは数千のCarbon繊維を2cm幅に均一に広げてリボン状の原糸とした後に織って作ったカーボンシートでエポキシ(接着剤)を多く必要としないので、振動減衰率も一般的なCarbonと比べても高く捩じれも少なくなる。頭部を守るヘルメットにこのカーボンを採用している事で、転倒時にも頭への衝撃も緩和され、さらにMIPSが入っている事で力を逃がす事ができ、ダメージが最小限で済む様になっている。

 

MIRAGE SRAMのモデルは外観からもそのTextreamが確認できます。気になる方はぜひ店頭でご確認ください。

 

 

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。

 

~定休日変更のお知らせ〜

 

4月より定休日は毎週木曜日のみとなっています。(祝日の場合は前日の水曜日が振替定休日) 

 

これにより水曜日もご利用いただけるようになりました。

 

今後もより一層お客様の利便性にお応えできるよう努めて参ります。

 

引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼19:00(4月10日より短縮営業)

定休日 : 木曜日(祝日の際は営業致します)

ご理解の程宜しくお願い致します。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.May. 4

遂にリリースされたトロイ・リー最新エンデューロ用の肘・膝ジョイントガード。

トレイル用の SPEED シリーズもそうでしたが、後発故の抜群の出来で既にロングセラー間違いなしです。

そもそも DH用に RAIDシリーズ、TRAIL用に SPEEDシリーズ

といった用途別に仕上げられており、そのフィット感や使用感は明らかに異なります。

主に D3O素材の量や厚みや、ペダリングへの追従具合に変化を持たせた製品となっています。

今回はエンデューロ向けということなので、

漕げて尚且つDH並みの保護性能を持たせたスペックとなっております。

長時間の装着感を損なわない様にドライメッシュ地で

通気性とフィット感を確保しつつも、耐衝撃吸収素材のD3OはDH仕様となっています。

なお、ニーガードのパッケージ台座は、なんとマッドフェンダーとなっておりますので、

間違えても捨てずにご活用くださいませ。

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。

~定休日変更のお知らせ〜

4月より定休日は毎週木曜日のみとなっています。(祝日の場合は前日の水曜日が振替定休日) 

これにより水曜日もご利用いただけるようになりました。

今後もより一層お客様の利便性にお応えできるよう努めて参ります。

引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼19:00(4月10日より短縮営業)

定休日 : 木曜日(祝日の際は営業致します)

ご理解の程宜しくお願い致します。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Apr. 26

 

このカラーを探していた方は多いのではないでしょうか!?

当店人気のKONA PROCESS 153 CR DL 29 Mサイズがライト1台確保できましたので、要チェックなMTB!となります。これからのシーズンインには大活躍間違いなし!

 

PROCESSは、153mmストロークでどこにでも走りに行けるいわゆる「エンデューロ」モデル。150mmあればストロークにも余裕がある為ライダーにもその安心感を与えてくれます。しかも、走っている途中に目線がぶれるなんて事も感じずに、ライドを楽しめます

 

 

KONA 2019 Process 153 CR/DL 29″ 定価 678,000円(税抜)

ラスト1台特価¥474.600(税抜)現金特価30%OFF!!

 

 

当店スタッフも乗っています!ライドインプレはこんな感じ!

 

今までは26インチホイールでDHやTrailRideを楽しんで来ましたがその楽しんできた楽しみ方がPROCESSを乗って覆されました。

 

まずは29インチの走破性。木の根や石そしてギャップを超える時やドロップオフ全てにおいて「今木の根あった?」「石あった?」「ギャップ?」と全くあった事を感じさせないです。普通に超えているだけ。今までは少し抜重してりいて超えていたものが全く気にならないで走ることが出来る。

26インチ時代だと、木の根でスピードが失速してしまう事が多くあった様に感じる。しかし、27.5や29インチホイールになって失速している事を感じない位のスピードで抜けられます。

 

次に「安定感」しっかりバイクのニュートラルポジションに乗っていれば抜群の安定感で走る。まさに200mm以上のストロークがあるDHバイク並み。160mmストロークなのに。ニュートラルポジションに乗る事で、バイクが走ってくれる感じもすごく体感できます。

 

そして、剛性感。特にリアバック!ピボット部の剛性ある作りからもそうですしベアリングの大型化も要因の1つ。タイヤがしっかり踏ん張ってくれている感じも体感できますしリアバックのよれてしまう感じは全くありません。

 

 

そして抜群のサイズ感。今まで多くのMTBを乗ってきましたがここまでリーチが抜群な感じを受けたのは久しぶり。身長180cmなのでチョイスはLサイズ。

 

今まではステムを100mmにしたり、80mmにしたり試行錯誤してポジションを出してきましたが、リーチの長さが抜群です。

 

ポジションを取って手を添えるだけ。動かしやすい距離で乗れるバイク。いい感じです。

 

29インチホイールの楽しみがあります。

 

26インチとのブレーキのタイミングがやはり違う。29インチになったことでスピードがのってくるタイミングが違うのです。ここは体感して調整が必要ですね。失速してしまう感じも全くないです。

 

コーナーだって29インチホイールにしたことで曲がりにくいなんて聞きますが全く感じずにスムーズにコーナーを抜けられる。スピードが落ちません。

 

ホイールを大きくして良かった!楽しい!さらにMTBの楽しみが増えますよ。

 

しかも、3時間くらいの登りのトレイルに行った際も上りでのサスペンションの動く感じ(ボビング)も気にならず、ワシワシ登っていけるのもPROCESSの魅力!

 

皆様のご来店をお待ちしております!

 

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。

 

~定休日変更のお知らせ〜

4月より定休日は毎週木曜日のみとなります。(祝日の場合は前日の水曜日が振替定休日) 

 

これにより水曜日もご利用いただけるようになりました。

 

今後もより一層お客様の利便性にお応えできるよう努めて参ります。

 

引き続き変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼19:00(4月10日より短縮営業)

定休日 : 木曜日(祝日の際は営業致します)

ご理解の程宜しくお願い致します。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Apr. 4

D4 のリリースにより注目度が低くなってしまった D3 のラインナップは FiberLite のみとなりますが、

¥ 27.600円+消費税で手に入る憧れのトロイ・リーは 非常に 魅力です。

家のインテリアとしてもあり!?ではないでしょうか。

そのグラフィックは、トップアスリートにも供給されてレースシーンでもよく目にします。

ヘルメット(半ヘル)も必要!となればこちらもおすすめ。

A1 HELMET となれば 12,540円(税込) とお手頃で、

尚且つ 360g の軽量性に快適で安全なトレイルライドをサポートしてくれます。

 

しかしMIPS機能ははいっていません。

A1 と D3 ならば、両方ご購入頂きましても 39,000円(税抜)と

チンバー脱着式のヘルメットと同等価格で 2個も手に入れられます。

トロイリーの新しい買い方です。

半ヘルとフルフェイスの役割は異なる為、2個ともご用意頂くのがベター。

この機会に、是非トロイ・リーをお手元に。

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com