MTB


初めてのフルサスペンションバイクに「STUMP JUMPER ALLOY」を

2022.Apr. 22

世界で初めて市販量産として発売をしたMTBの先駆けの車体「STAMPJUMPER」

その最新2022年モデルの「STAMPJUMPER ALLOY」が入荷いたしました!

■STAMPJUMPER ALLOY

Color:SATIN BLACK / SMOKE Size:S3 

¥324,500(税込)

マット質をベースとしてロゴはワントーン落としたブラックのカラーリングは洗練された落ち着きのあるかっこ良さを醸し出しています。汚れが目立たないのもポイントですね。

ストロークはフロント140mm、リア130mmのトレイルバイクとしてスタンプジャンパーは確固たるポジションを築いています。

初めてマウンテンバイクを購入される方から「フルサスペンションまでは必要ないかな」とよく聞きます。しかし初めてだからこそリアにサスペンションがある事による安心感や自分が前後にどのくらいプッシュを入れたのか沈み込みや感覚でつかむ事ができるハードテイルには無いフルサスペンションの良さだと思います。

スタンプジャンパーの最大の特徴である左右非対称のフレームデザインはアルミでも健在で溶接痕を見ると滑らかなビートが美しく見た目はもちろん、耐久性をも最大限まで高めています。

重量は実寸で「17kg」アルミにもかかわらず軽量性を犠牲にせず登りやパーク、トレイルまでの街中でも苦無くペダルをこいだ分だけしっかりと登ってくれます。

フロントフォークのROCKSHOX「35 Silver」は上位モデルであるPIKEやLYRIKと同じ径のアッパーチューブが搭載され安定した下りをサポートしてくれます。

リアサスペンションはフロントフォークとは違うブランドが装備されていますが前後共にエアサスペンションでオープンロック・リバウンド調整が搭載され、これからマウンテンバイクを始められる方におすすめできるパーツ構成です。

ブレーキはコストパフォーマンスを高めるためにTektro「Gemini Comp」が採用されています。制動力を決めるローター径は上位モデルと同じですがブレーキパッドを押すパーツが2ピストンなのでタッチ感やブレーキのコントロール性が4ピストンと比べると劣っています。ブレーキコントロールが良いと安全性を高める事はもちろんのこと、ブレーキングという技術力の向上は段違いだと思います。先ず初めにアップグレードをしたいパーツです。

しかし、この価格帯で前後共にエアサスペンション・SRAM「SX Eagle」1×12速・さらにドロッパーシートポストが標準装備されているのですぐにでもトレイルライドへ出かける準備が完了しています。

激しいライディングや初めてのマウンテンバイクを検討されている方に「STAMPJUMPER ALLOY」とてもおすすめです。是非店頭でご覧ください。皆様のご来店お待ちしております。

 

下記バナーよりマウンテンバイクの在庫状況が確認できます。

 

緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

上記に加えて5月6日(金曜日)もお休みとさせていただきます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com