ROAD


グラベルに必要なすべてを!

2019.Nov. 4

2020年は各社から新しいモデルの発表があり続々入荷中となっているなか、今回入荷してきました車体は「TOPSTONE CARBON 105」話題のバイクとなっています。

先日ご紹介した「ROUBAIX」はフロントにサスペンション機能が搭載されていました。しかし、この「TOPSTONE」はリアにサスペンション機能のKingpinが搭載されています。

写真中央のやや上の部分に●の箇所があります。この箇所を中心にそこから上の部分が動いてくれます。最大で30mmのフレックスします。通常であればショックユニットやリンクを介して動かしたりもしていますが、このKINGPINシステムは余計なものが取り付けされていないので軽量に仕上がっています。

このKINGPINシステムがある事で、路面追従性も向上しています。枝や石があるとリアバックははじかれてしまい、タイヤにトラクションがかけられない状態が生まれますが、このシステムがある事で、しっかりとトラクションをかけて走ることが可能になりますので、グイグイ悪路でも登れる印象。

グラベルを走るなら「TOPSTONE」がおすすめです。

それ以外にもMTBの要素が満載で、今やMTBではマストアイテムとなっている「Dropper POST」も装着可能だから驚きです。ドロッパーポストは自転車に乗った状態のまま椅子の高さを変更する事の出来るシートポストの機能でそのうちグラベルでもマストアイテムになるのではないでしょうか。

キャノンデールはそんな特性をTOPSTONE CARBONに取り入れ、取り付け可能なフレームとなっています。

例えばロードのサドル高だと足つきが悪く、悪路の走行の際に不安でもこの「ドロッパーポスト」を装着する事で、足が付く高さに乗った状態のまま椅子を下げ、足つきを可能にしてくれます。そして悪路が終り、サドル高を上げたければレバー1つで上がってまた漕ぎやすい高さに変更する事が、簡単に可能になります。

そして、最大で40mmまでのタイヤがインストール可能です。650ホイールを使用した場合には48mmまで入りますので、650で走るのも楽しさが出てきそうです。

オンロードでの快適性を犠牲にすることなくどんなオフロードでのこなせるバイク、それが「TOPSTONE CARBON」!おすすめです。

Topstone Carbon 105 ¥275.000(税抜)当店でご利用頂けるポイント進呈中!