ROAD


CAAD13でライドに出かけてみては

2020.Nov. 8

Cannondaleと言えばアルミのバイクで有名になったメーカーとういのはご存知の方も多いはず。

その中でもCAAD12がとても話題になったのを覚えている方も多いともいます。そんなCAAD12 から更なる進化を遂げたのが今のCAAD13 です。フレーム重量がボトル1個分(60g程)重くはなりましたが、その僅かな増量以上に性能面での進化が様々な箇所に表れています。

アルミニウムの元素記号である13をネーミングに取り入れている程、アルミバイクとして本当に素晴らしい物が出来たと感じさせてくれます。その中でもCAAD12からCAAD13 になりエアロ性能が追加された点がとても大きい所だと思います。その工夫はパイプの形状に大きく表われています。

翼断面形状の後端を取り除く事により、今までと同等かそれ以上の剛性を保ちつつ、今までよりも30%程の空気抵抗削減に成功しています。その効果はバイクの性能に大きく表れています。アルミのバイクとは思えないほどの自然な加速感と、Cannondaleだからこそ出来るバイクの品質の高さが乗り心地の良さを生み出しています。同グレードのカーボンバイクを凌ぐほどの性能を秘めているバイクになります。

そして標準で付いているダイヤは28Cと最初から太めですが、タイヤクリアランスは最大30Cまで履くことが出来るので更なる乗り心地を求める方には嬉しい設計だと思います。快適性と軽いハンドリング性能もあるのでバイクの操作もとても軽やかに出来ます。ブレーキに関してもディスクブレーキモデルになるので、軽いタッチによる制動力とそれによる減速のしやすさ、バイクコントロールのやり易さとメリットが沢山あるのでこれから始めたい、興味があるなんて方にはディスクブレーキはとてもオススメになります。

カラーリングはマンティス。カマキリから色を連想し塗装されています。落ち着いたグリーンの様でもありますが、実際に見て頂くと、深みのある色がとてもカッコいいです。また太陽の光があたると少し印象が変わるので気になる方は是非店頭で色合いを確認して下さい。

そんなCAAD13 ですが、今ならマンティススターターパックキャンペーンをしています。バイクに取り付けるボトル、ボトルケージ、携帯工具、サドルバックが付属されているので最初に必要になるアクセサリー類が揃うのでとてもオススメになっています。

本格的な冬を迎える前に、CAAD13 で紅葉を見に山へ走りに行ったり、美味しい海鮮を食べに海に行ったりしてみてはいかがですか。


緊急事態宣言解除後の対応について

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 木曜日(祝祭日は営業致します)

上記に加えて11月18日(水)もお休みとさせて頂きます。

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com
Facebook
Facebook