新着一覧


2020.Mar. 22

一昨年のシーズン中より展開しておりますコチラ。

かつて、ここまで納得の行く製品内容で

かつ低価格帯の商品は無かったかと記憶しています。

元スペシャライズド社で製品開発を担ったアーロン氏の始めた新しいブランド。

高品質で低価格なバランスは業界で開発と生産に関わったこその強み。

PNW Components RANGE Stem

定価 5,815円(税抜)

リーチのサイズ展開が、35mm と 45mm の2種類と今風で抜群ですね。

個人的にはBMXライクな洗練されたフィスト型の形状も魅力の一つ。

ハンドル・クランプ径は、現在 φ31.8mmのみの展開なのですが。

PNW Components RANGE Handlebar

定価 5,815円(税抜)

7075-T73アルミを使った軽量ハンドルバー。

この価格でありえなかった質感と軽量を実現 しています。

アクが無く洗練されたグラフィックは万人が納得する筈です。

PNW Components RANGE Handlebar KW (Kyle Warner) Edition

定価 7,037円(税抜)

プロライダー Kyle Warner によるインスパイヤーにより

バックスウィープ 10°と 30mmライズとなっています。

トップチューブが長い近年のバイクに よりマッチするセッティングが可能となります。

また、2014 アルミニウム仕様はトレイルライドに優しい素材で、

6061よりも軽量で、7075シリーズよりもしなやかです。

なお、3色のロゴ・カラーよりお選び頂けます。

そして、ドロッパーシートポストも。

PNW Components RAINIER 27.2 DropperPost

定価 27,315円(税抜)

PNW Components RAINIER DropperPost

定価 25,648円(税抜)

高い剛性と操作性を誇る普及モデル。

インターナルケーブル仕様でこのリーズナブルな価格を実現しています。

縦引き仕様ながらリモートレバーも付属しています。

Φ27.2mmの選択肢はコレ一本と云えるでしょう。

間違いない!

今シーズン最新の動画をご覧頂きながら、早速ご検討下さい!!

皆様のご来店をお待ちしております!

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 


2020.Mar. 20

Enduro World Series にて5回もの総合優勝を獲得。
厳密な設計と厳格な品質管理が Renthal 製品を今日の市場の中で最高のものにしています。

徹底的な研究開発により、強度・剛性・衝撃吸収性を究極なバランスでブレンド。
長年に渡るアルミハンドルの開発で培った独自の振動収束性とライディングに最適な剛性を追求し
抜群のコントロール性と快適性をもたらします。

35mm クランプ径が主流となっている昨今、

満を持して 2020年より RENTHAL コクピットの販売を開始いたします。

RENTHAL FATBAR CARBON 35

定価 20,400円(税抜)

RENTHAL FATBAR Lite CARBON 35

定価 20,400円(税抜)

RENTHAL FATBAR 35

定価 10,500円(税抜)

カーボン製はUDカーボンを使用し、しなり特性に合わせレイヤードを調整しています。
アルミ製は高強度の7050 T6アルミ合金に疲労強度を向上させるショットピーニング加工と
耐腐食性・耐摩耗性に優れた硬質アルマイト処理を施します。

Fatbarはダウンヒル、Lite仕様はトレイル向け。

抜群のしなりで最高のハンドリングを提供します。

RENTHAL APEX 35

定価 13,600円(税抜)

Apexステムは独自の240°を囲むクランプ形状でと隙間のない下側クランプ部の構造により
確実なハンドルの固定と大幅な軽量化を可能としました。

RENTHAL Traction Lock-On

定価 3,700 ~ 3,900円(税抜)

コクピットとの接点はグリップ。

グリップ力は悪天候下でもコントロール性を保ちます。

快適性を追求し、外径はそのままで手のひら側のコンパウンドを厚く指側を薄くした、オフセットプロファイルを採用。

転倒時の泥詰まりを防止するバーエンドを装備。

その名の通り好みのコンパウンド選びにより、トラクションをコントロールできます。

遠方にお住いのお客様は当店通販サイトのご利用がお勧めです。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Mar. 17

まだまだ人気も高く、レースシーンでもすでに勝利を納めているVENGE

当店にコストパフォーマンスに優れたVENGE PRO 52サイズSATIN Blackカラーがラスト1台!

 

すでに他サイズはメーカー完売状態となっております。52サイズもいつ在庫が完売するかわかりません。

手に入れるならいま!

 

 

 

S-WORKS VENGEの下位グレードのVENGE PRO。下位グレードとお伝えしましたが実はFACT 11rカーボンを使用しています。そう、フレームに関してはS-WORKSと同じカーボンを使っているのです。それでは、どこが違うのか?!それは、フレームに「S-WORKSと入っているか」「SPECIALIZED」と入っているかの違いだけ・・・

 

 

VENGE PROは、シマノの新型アルテグラDi2油圧式ディスクブレーキは抜群になめらかでキレの良いシフトを実現するだけでなく、信頼できる安定した制動力を提供してくれます。Roval CL 50ディスク・ホイールセットは、軽量で高剛性。そしてリムはRoval CLX と同様なので空力性能にも優れています。タイヤはS-WORKS TUBO26Cを装備していますが、フレームには32Cまでインストールが可能なクリアランスを確保しています。

 

暖かくなってきているこの季節。令和を最高のバイクで駆け抜けるのはいかがでしょうか。

 

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Mar. 16

GROVE青葉台店では「フィッテイング」ご予約受付中です。

 

本当に自分のサドルの高さは合っているのか?

 

ペダリング時に膝が真上から踏めているのか? など乗車していてわからないところをフィッテングで現在の体の状況に合う様にフィッテングさせて頂きます。

 

もう少し細かく言うとフィッテイングとは・・・

 

科学的根拠に基づきポジション調整を行い、身体にバイクをフィットさせます。
ライダー1人ひとりの骨格、筋力、柔軟性の特徴を考慮し、故障の可能性最小限に抑え、誰でもより速く、より遠くに、より快適に走ることを手に入れることを可能にします。
また、フィッティング時の体の特徴に合わせるので、過去、未来ではなく、今のあなたに最適なポジションが得られます。
より高いパフォーマンスをライダーに提供するため、GROVE青葉台ではフィッテングを実施しております。

 

先日のフィッティングの一部をご紹介。

 

自分の乗っているポジションが合っているのかわからない・・・と言うご相談からスタートした今回のフィッテング。まずは、現在の体の状況から確認です。このアセスメントで股関節の柔軟性をチェックしています。あくまでも柔軟性をチェックしているので、どこまで膝を持ち上げられるか?を見ているのではありません。人によって、右足の方が上がりやすい、左足の方が上がりやすとわかれています。普段の姿勢も気になるところ。

 

アセスメントでは無理をした状況ではしっかりした数値が出てきませんのであくまでも現状の体の状況を確認しているアセスメントをさせて頂いております。

 

 

 

まずは、サドルの幅が合っていませんでしたので、サドル幅の合う物に交換して試乗をしていただきました。そしてクリートの位置を適切な場所で踏めるように調整をして、左右共に動かさせて頂き足の踏むポイントを確認していただきました。事前にクリートの減り具合もチェックさせて頂きました。

 

 

やや短めのステムが付いていましたので専用器具で今の状態から変更した状態を乗った状況で確認していただきました。やはり、100mmがベストなポジションにはまっていると色々長さを試して頂きました。後は乗り込んでこのポジションに慣れて行く事がとても重要です。(このステムの調整器具は専用のステムやハンドルバーでは行えませんのでご了承ください)

 

そして、当店ではフィットから3か月以内に再フィットが無料で1回行えます。フィット後、快適性、持続性またパワーなどフィーリング変化を実際のライドにてテストして下さい。
ローラー台上よりも実走の方が出力が高くなるためです。ポジションの変化による違和感などあれば修正致します。フォローフィットの際もご予約が必要となります。
お気軽にご相談下さい。よろしくお願い致します ※フォローフィット1時間程度

 


2020.Mar. 14

イタリアブランドの代表的なメーカーでもある「Pinarello」の2019年モデルが残り3台となりましたのでここでご紹介!

 

GAN ¥298.000(税抜)→ ¥223.500(税抜)25%OFF現金特価!サイズ465

「GAN」はDOGMA F8の継承したトータルバランスに優れたバイクです。カーボンは東レT600を利用しているのでカーボンの素材も信頼性があります。また、ピナレロ独特のONDAフォークは健在で流れる様な曲線美のフォークとの相性も抜群です。

最高の整流性を得られるフレームには、コンケーブという風が通る道があります。滑らかなフレーム形状の凹凸も当然ながらありますが、コンケーブをしっかり作り空力にも対応したフレームになっています。また、FLATBACKシートステーでリアバックにも空力を考えた形状を採用しより一層の整流効果があります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_20181002_2025541.jpg です

大型のヘッドチューブでしっかり路面をとらえてくれることを体感していただけます。特に峠の下りやコーナーの侵入の際にヘッド周りの剛性が高く走っていても安心感をライダーに与えてくれるフレームになっています。

 

重量は、8.04kg(実測・ペダルレス・バーテープなし)

 

GANは、これからロードバイクを楽しんでいきたい!と思われている方にもおすすめですし、クロスバイクからロードバイクに乗りかえを検討されている方にもおすすめです。峠の登りや川沿いのサイクリングロードはもちろんレースにも対応できるロードバイクになっています。色々な使い方に適応している「GAN」は万能なロードバイクです。

 

PRICE ULTEGRA ¥435.000 → ¥326.250(税抜)現金特価 サイズ465

 

アルテグラコンポーネントを搭載したPRINCE。

今まではアルミフレームを乗っていたけど、そろそろカーボンフレームに乗りたいな・・・なんて感じている方にもお勧めのフレーム。

F10フレームを継承しつつ、新しく取りいれたフレームワークも見逃せない仕様になっています。F10と比べると、カーボングレードはT700と落ちてしまいますがそこは、乗り味がマイルドになり、まさにアルミからカーボンへフレームを変えた時の感動を味わう事の出来る1台となっています。

決してカーボンが柔らかいという事ではなく、自分が踏んだ時にはしっかり反応してくれて、リアバックが最後の最後までしっかり力を伝えてくれながら、路面からの衝撃を和らげてくれていますので長距離ライドをした際も最後まで足が残ってそうな感じがいいです。

さらにコンケーヴを採用し最新のエアロダイナミクスも取り入れたプリンス。風の流れをスムーズに後ろに流すことで抵抗を少なくして走れるようにしています。

 

ワンランク上の上質な乗り味をどうぞ。

 

PRINCE FX ULTEGRA ¥528.000(税抜)→ ¥396.000(税抜)

フルカーボンロードバイクのプリンスFX。気になるカーボンは日本が誇る「東レ」の最先端カーボンT900を採用したモデル。T900と言えば、前作のGAN RSでも採用していたカーボングレード。そのGAN RSは乗り味の良さ、高強度過ぎない踏み応えのある剛性、もっともカーボンロードバイクらしい乗り味として大人気のバイクでした。

 

そんな信頼性抜群のT900カーボンを使用した「プリンス」も乗り味が劣るわけがありません。しかも、フレームワークは、当時GANを作ったモデルよりも最先端のモデルを継承したモデルでもあります。GANはF8を継承し、PRINCEはF10を継承。F8の角が取れ、いいとこどりをしたF10を継承している「PRINCE FX」には大きな魅力が詰まっています。

 

FLAT BACK SEAT STAY(フラットバックシートステイ)

前方からくる風に対しシートステイの後部をフラットにカットする事でそこに流れる風をスムーズに受け流す形状となっています。通常であればシートステイに当たった風が後ろで巻き込んでしまいなかなかスムーズに流れて行きません。しかし、このフラットバックステイにする事でスムーズに流すことができ、余計な抵抗を抑えることに成功しています。

 

ダウンチューブにもF10の継承しているポイントがあります。ボトルを取り付けたことによる空気抵抗を抑える為にボトルケージを取り付ける箇所はややフレーム形状に段差をつけ空気の流れを抑えることに役立っています。ピナレロはこの様な細かいところまでこだわり抜いているブランドでもあります。

 

PRINCE FXはアルテグラコンポーネントが標準装備となっています。アルテグラのコンポが付いて、このクオリティーのバイクが特価となっています。最新のエアロダイナミクスも備えたこれからの季節に合ったモデル。

 

こまかなこだわりはまだまだあります。フォークの下部後ろには「フォークフラップ」までついています。こちらもまさに空気の流れをスムーズにさせ滞留を防ぎ空気抵抗を少しでも抑える工夫が表されています。このような小さな努力をフレームワークの美しさと相まってピナレロ美が表現されています。エアロ化を常に考えているブランドでもあります。

 

そして何と言ってもピナレロはこの角度からが一番映えると感じるのは私だけでしょうか。そんな一つ上のグレードのピナレロプリンスFX。1台目はアルミフレームを乗って2台目欲しいな・・・なんて考えている方にもおすすめの1台です。例えば現在特価にて販売中のMAVIC KSYRIUM PRO SLカーボンをこのPRINCE FXになんて事も有りですね。登りではホイールが活躍し、下りではフレームの剛性でしっかりラインをとらえて走れるバイクになりますよ。

PRINCEよりもさらに上質な乗り心地。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 

 

 

 

 


2020.Mar. 13

クロスバイクで通学なんていかがですか。

GROVE青葉台店では、ロードバイク・マウンテンバイクの他に「クロスバイク」も取り扱いしております。

2020年から取り扱いを開始致しましたイタリアのブランド「Bianchi」からも人気のクロスバイクが入荷し店頭でご確認いただけます。

 

C・SPORT 1 V-brake ¥59.800(税抜)当系列店でご利用頂けるポイント進呈中!

700x35Cタイヤを装着し、クロスバイクの中ではスポーツと言うよりは街中を楽に走れるようなタイプのバイク。ギアの3x8の24段変速を備えていますので青葉台近辺のアップダウンも柔軟に対応できる仕様となっています。

 

C・SPORT 2 DISC ¥69.800(税抜)当系列店でご利用頂けるポイント進呈中!

C・SPORT1同様の700x35CタイヤをはいたC・SPORT 2ですが、大きな違いはブレーキが油圧DISCブレーキかVブレーキかの違いとなります。青葉台周辺のアップダウンで安心してブレーキングを行えるのはやはりDISC。雨の日にも乗っていく事も考えるとDISCが優位。3x8の24段変速も同じ仕様になっています。

ROMA3 ¥85.000(税抜)当系列店でご利用頂けるポイント進呈中!

ROMAはスポーツやフィットネスにも対応しているモデル。川沿いを走るのが楽しくなってきたから少し距離を延ばして「江ノ島」まで・・・なんて事にもしっかり対応してくれます。700x28Cのタイヤを装着し、漕いだ分だけしっかり進んでくれる事も体感していただけます。ギアは2x7の14段変速で爽快に走れます。

ビアンキクロスバイクは、新たに430というサイズを販売しております。このサイズはおおよそ150cmくらいの方からご利用頂けるサイズとなっておりますので、ご確認ください。なお、430サイズは当店でも実際に店頭でご確認頂ける状況となりますのでスタッフまでお声かけください。

Bianchi以外にも、Cannodale、Specialized、KONAとクロスバイクの取り扱いをしております。

皆様のご来店お待ちしております。

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Mar. 10

フラットペダルでも人気の「Chromag」ペダル。

セメナックのシグネイチャーとして販売の「Contact Pedal」・コバリックシグネイチャーの「DAGGA Pedal」そして、永遠の人気モデル「Scalab Pedal」と3種のペダルを比べてみました。

 

 

SCARAB PEDAL ¥17.640(税抜)

SCARABペダル: 110mm x 105mm / 6061系アルミ CNC / 13mmPedalCenter

広めの踏み面を確保する事で荒れた場所でのライドの際もしっかりグリップしてくれる印象。ペダルの中心では13mmの厚みを確保しているので木の根や岩にヒットしにくい厚みにもなっています。一番厚いところで16mm。

 

メーカー公表値と変わらない重量。ペダル片面に20個のピンを入れる穴がありますので自分好みの位置に変更して取り付けできるのもうれしいポイント。ペダルがクランクに入る所から一番内側のピンまでの距離が26mm。やや広めのピンの位置も安定感を出してくれるのに役立つ位置となっています。

 

CONTACT PEDAL ¥15.000(税抜)

CONTACTペダル:110mm x 105mm / 6061系アルミ CNC / 13mmPedalCenter

広めの踏み面を確保する事で荒れた場所でのライドの際もしっかりグリップしてくれる印象。ペダルの中心では13mmの厚みを確保しているので木の根や岩にヒットしにくい厚みにもなっています。一番厚いところで16mmとScalab Pedalとほぼ同じスペック。

しかし、このCONTACTペダルは「BRANDON SEMENUK」がデザインを手掛けている事で有名で、絶大な信頼を得ているペダルでもあります。

 

メーカー公表値とはやや差があるもののScalab Pedalとは10gの差。しかしペダルのピンホールは片面13個と的確な位置に穴を設け動かせるペダルになっている。また、内側に張り出しているペダル形状なのでより狭いスタンスを好みとするセメナックの特徴が出ているペダルでもあります。ペダルがクランクに入るところから一番内側のピンまでの距離は23mm。この23mmは他のブランドでも多く使われているサイズでもあります。

 

DAGGA PEDAL ¥22.000(税抜)

DAGGA PEDAL : 120㎜ x 115mm /  6061系アルミ /  14.3mm PedalCenter

昨年に発売されたばかりの「DAGGA PEDAL」目を引くのはこの踏み面の大きさ。大きいサイズで定評のDMRよりもさらに一回り大きいサイズ。しっかりペダルの上に乗れて荷重もかけやすいのが特徴。DHペダルの位置づけですが安定感が欲しい方にはトレイルでもおすすめ。

 

やや重量はあるものの12個(片面)のピンホールを配置。この状況で全ての穴にピンが入っています。ペダルがクランクに入る所から一番内側のピンまでの距離が34mm。外足荷重になったコーナーの時は荷重がかけやすそう。Kovarrikのデザインのもと作られたペダル。元DHレーサーでもありながらストリート系アクションもこなしていたライダーのこだわりを感じます。

 

そしてどのモデルにもコンケープと言って中心がへこんでいる形状をとっています。このコンケープを作る事でしっかりペダルとコンタクトしてくれることを作っています。

 

富士見やふじてんをメインで使うなら「DAGGA PEDAL」、スマイルバイクパークや山伏トレイルでは「CONTACT」「SCARAB」と楽しむ場所によって使い分けをするのもいいですね。

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com

 


2020.Mar. 9

一台で末長く乗るのであれば「Infinito XE Disc」はオススメのバイクです。

上位グレードにはバイクメーカーではBianchiのみに提供される「CounterVail」が搭載されていますが、XEは非搭載。そのため、価格を落とし手にしていただきやすい価格帯となっております。

CounterVailとはなんぞや?という方は是非動画をご覧ください。

上位グレードにはこういった振動の収束を早める素材を使用しています。

動画後半部分のピンポン球がわかりやすいですね。

またXEは単にこのCounterVailをカーボンに置き換えたわけではなく、XEはXEの独自の設計をしているところがこだわりポイント。

ドロップシートステーにし、フレーム自体のしなりをだすことで乗り心地向上につなげています。フレームを構成している各チューブもCV搭載車より細身にするなど工夫されています。

INFINITO CVから受け継ぐものもありヘッド周りはほぼ同様。

たとえばBianchiが誇るハイエンドバイク「OLTRE XR4」に搭載されているステムハンドル一体型のMETRON 5Dに交換可能となっているので、よりピュアなレーシグモデルにカスタムすることも可能です。

パーツ構成はコストパフォーマンスに優れるシマノ 105で揃えられており、間違いのないパーツ構成となっております。

重量こそ実測で9kgほどですが、ステムやハンドル、サドルなどを交換することで重量は大幅に減らせることも考えると1台目のバイクとしては優秀ではないでしょうか。

CounterVail搭載車が52万円から、非搭載車は29万8000円からと価格差は決して小さいものとは言えませんがその差額でホイールやハンドル周りをすこしづつアップグレードをしていただくとより楽しみが広がると思います。

 

また乗り心地が大変良いバイクですが32cまでタイヤクリアランスが対応しているので、さらに乗り心地をよくしたり、ダート向けのタイヤに交換すればさらなる楽しみへと繋がること間違いなしです!

 

エンデュランスモデルですがアスファルトもグラベルも楽しんでいただける、当に「無限」の可能性を秘めた1台。必見です!

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com


2020.Mar. 8

話題の「FUSE COMP」29インチタイヤで走破性が激変しています。

 

それもそのはず、タイヤの径が大きくなることでスピードが増します。特に感じるのはコーナーの出口。加速していく感じも受けられるほど。さらにこのバイクは2.6インチのタイヤ幅なので転ぶ感じがなったくなく、抜群の安定感。

 

障害物を乗り超える時でさえ、26よりも27.5よりも29インチの方が侵入する角度が低いため何もなかったかのように通れます。特に、木の根が突然ある時ありますよね。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_51151.jpg です

26インチの時はストップがかかってしまい超えるのに抜重もしくはいなしていかなくては行けなかったのですが、29インチの際はそこに「根」がある事を確認するだけで越えられるイメージ。気付いたら越えてる感じでしょうか。

26インチの時は突っかかっていた箇所も29インチになってサクサク越えられます。29インチの恩恵は凄いです。

66.5°のヘッドアングルが絶妙にいい!

木の根に臆することなく立ち向かえる、走ることが更に楽しくしてくれます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_51161.jpg です

しかも、この「FUSE COMP」には130mmストロークのサスペンションが搭載されています。29x2.6のタイヤを履いて、130mmストロークのサスペンションが搭載されている。感覚的には、150mmストロークくらいある様に感じます。

 

ふじてんでもパノラマでも楽しめる1台に出来上がっているところがうれしい。

 

さらにはライダーの中でもマストアイテムになっている「ドロッパーポスト」の初めから搭載されているので、ワンプッッシュでシートの上げ下げが自在。

 

 

 

MTBシーズンもすぐそこまで来ています。FUSEでトレイルライドをもっと楽しんでいただけますよ!

 

メーカー完売のMサイズです。

 

FUSE COMP ¥180.000(税抜)


2020.Mar. 8

GROVE青葉台店では「フィッテイング」ご予約受付中です。

 

本当に自分のサドルの高さは合っているのか?

 

ペダリング時に膝が真上から踏めているのか? など乗車していてわからないところをフィッテングで現在の体の状況に合う様にフィッテングさせて頂きます。

 

もう少し細かく言うとフィッテイングとは・・・

 

科学的根拠に基づきポジション調整を行い、身体にバイクをフィットさせます。
ライダー1人ひとりの骨格、筋力、柔軟性の特徴を考慮し、故障の可能性最小限に抑え、誰でもより速く、より遠くに、より快適に走ることを手に入れることを可能にします。
また、フィッティング時の体の特徴に合わせるので、過去、未来ではなく、今のあなたに最適なポジションが得られます。
より高いパフォーマンスをライダーに提供するため、GROVE青葉台ではフィッテングを実施しております。

 

先日のフィッティングの一部をご紹介。

 

 

ステムの長さや角度を変更できる特殊なステムを利用し、現状のステムの状態からご希望の長さに変更して試す事が可能になっています。(特殊なステムやハンドルの場合は行えません)試して頂き、30mm長いステムをお選びいただきました。肩の力も抜けて自然な状態でブラケットを握って頂ける状態になりました。

 

また、クリートの位置も変更させて頂き、足に感じていた違和感も感じなくなった様です。試して調整してを何度か繰り返して行わせていただいて、ベストな位置に調整致します。そして、ウェッジの調整も行わせて頂きました。前足部の調整のみで足の安定を感じて頂き、しっかり踏める感じを掴んで頂きました。

 

富士ヒルでベストタイムを出せる様に後は練習のみですね。

 

今回も「GRID FORM ROLLER」をおすすめさせて頂きました。

 

運動をした、しないは関係なく毎日の日課として行うのが秘訣です。

 

私は大腿四頭筋と腸脛靭帯の箇所ですかね。この2ヶ所を重点的に行っています。そして、お尻もやるといい感じです。

 

痛気持ち良くて泣きそうです。汗が出てきます。張っている個所の筋肉が引っ張り合ってしまい体がゆがむ。筋膜がくっついてしまっているので動きにくいなど運動するときにいい状況でない事が多いので、フォームローラーでリリースです。

 

冬場にどれだけ乗れるかで春からの走りが変わってきますので、次の日に疲れを残さないためにも「フォームローラー」おすすめです。

 

GROVE青葉台
住所 : 神奈川県横浜市青葉区さつきが丘4-9

TEL : 045-530-5580

FAX : 045-530-5581

営業時間 : 11:00∼20:00

定休日 : 毎週水曜日・木曜日(祝祭日は営業致します)

GROVE青葉台FACEBOOK

GROVE青葉台instagram

Email : info@groveaobadai.com